【大吟醸酒おすすめ10選】大吟醸酒は日本酒の最高峰|記念日やプレゼントに最適

大吟醸酒おすすめ10選

先日、吟醸酒のおすすめ10選をご紹介しました。

吟醸酒おすすめ10選 【吟醸酒おすすめ10選】女性や日本酒初心者に飲んでほしい吟醸酒をピックアップ

さやかちゃん

吟醸酒はフルーティーな香りとスッキリした味わいで、とっても飲みやすくて美味しかったです♪

吟醸酒の精米具合は60%以下ですが、今回ご紹介する大吟醸酒は精米歩合50%以下で、なんと原料のお米を半分も削り落としたとても贅沢なお酒です。

大吟醸酒はお米を精米で丹念に磨いている

さやかちゃん

エ~ッ!!お米を半分も削るんですか (*_*)

サケ丸

そうなんだ!今回ご紹介する「大吟醸酒」は日本酒の最高峰ともいえるお酒で、吟醸酒のハイスペック版だよ ♪

酒蔵や酒造メーカーでは大吟醸酒造りに特別なこだわりを持って取り組んでいますので、このクラスでは日本酒を代表する銘柄が揃っています。

そのため、大吟醸酒は特別な記念日や大切な人への贈答品としてもおすすめの日本酒です。

そこで本記事では、吟醸酒のハイスペック版にあたる「大吟醸酒」について、人気の銘柄を中心に10本ご紹介します。

サケ丸

大吟醸酒は高級な原料を使って手間ひまかけて造られているため、お値段も高めなんだ。

お値段が高めだけに間違いのない1本を探したい、そんな方は本記事を是非参考にしてみてください。

この記事で解説すること

  • 大吟醸酒のおすすめ10選
  • 大吟醸酒はどんな味や香りのするお酒なのか?
  • 大吟醸酒の美味しい飲み方
  • 大吟醸酒の保存方法

目次

大吟醸酒とは|米を丹念に磨いた一切の雑味のないクリアな味わいのお酒

枡と日本酒

数ある日本酒の中で最高峰に位置するお酒が「大吟醸酒」と「純米大吟醸酒」です。

両者は精米歩合50%以下という点が共通しており、特に大吟醸酒は一切の雑味のないクリアな味わいが特徴です。

以下では、大吟醸酒の味や香りの特徴について詳しく解説します。

大吟醸酒の香り|「吟醸造り」で華やかな果実系の香りを放つ

大吟醸酒は果実や花などの甘い香りが特徴

大吟醸酒は、「吟醸造り」と呼ばれる長期低温発酵によって造られた日本酒です。

吟醸造りで造られた日本酒は、醪(もろみ)を「低温でじっくり」と発酵させるため、香り成分が醪の中に溶け込んでバナナ・リンゴ・メロンなどの果実のような華やかな香りを放ちます。

蒸し米、米麹(こめこうじ)、仕込み水、酒母(しゅぼ)を混ぜて発酵させたもの。醪を搾ると原酒と酒粕に分離されます。

なお、醪(もろみ)の詳細は、「醪(もろみ)とは?|三段仕込みは多量の日本酒を造る伝統技術」でもご紹介していますので、あわせてご覧くださいませ。

サケ丸

吟醸造りにより低温で発酵させると酵母にストレスがかかって、香り成分(エステル類)を生成するんだ。吟醸香は「エステル香」とも言われているよ。

さやかちゃん

このフルーティーな香りは「吟醸香(ぎんじょうか)」と呼ばれているんですよね!

大吟醸酒の味|雑味は一切なし!半端ないクリアな味わいが堪能できる

大吟醸酒は雑味のないクリアな味わいが特徴

大吟醸酒は、精米歩合50%以下の酒米が原料で使われています。

精米歩合とは、お米の表面を削って残った酒米の割合をパーセンテージ(%)で表したものです。

例えば、精米歩合50%はお米を削ってもとの半分にした状態です。

さやかちゃん

半分もお米を削るんですね…。大吟醸酒が「高級なお酒」というのも頷けます。

サケ丸

大吟醸酒で使われる酒米は、お米の表面にある雑味や苦味成分を取り除いているから、きれいな味わいになるんだよ!

大吟醸酒の中には精米歩合が30%~20%というお米を徹底的に磨いたお酒があります。

もし「日本酒の独特な香りや味が苦手…」という方は、精米歩合の値が低い大吟醸酒をお試しください。

サケ丸

お米の表面にある雑味や苦味成分は精米歩合60%から50%でほぼ取り除かれるので、精米歩合35%以下では味や香りに変化はないとされてるよ。

関連記事:精米歩合とはお米の削り具合を示す指標|精米歩合で変わる日本酒の味わいとは?

また、大吟醸酒は醸造アルコールが添加された「アル添酒」です。

日本酒に「醸造アルコール」を加えると、スッキリとしたキレのある味わいになります。

醸造アルコールの効果

  1. スッキリとキレのある軽快な飲み口の日本酒になる
  2. フルーティーで華やかな香りを引き立てる
  3. 雑菌やカビの繁殖を抑える

さやかちゃん

吟醸酒は醸造アルコールが入っているから、スッキリした淡麗な味わいになるんですね ♪

関連記事:二日酔いや悪酔いは醸造アルコールが原因?|日本酒に醸造アルコールを入れる3つの理由

スポンサーリンク

大吟醸酒の選び方|3つのポイントをご紹介

大吟醸酒を選ぶときの3つのポイント

大吟醸酒はたくさんの種類がありますので、違いがよくわからずラベルのデザインや値段などで、なんとなく選んでいませんか。

そこで、自分にピッタリな1本を探し出す「3つのポイント」をご紹介しますので、大吟醸酒を購入する際の参考にご覧ください。

①甘口・辛口で選ぶ|日本酒度と酸度で日本酒の甘辛が分かる

日本酒の裏ラベルには日本酒選びのヒントがある

※クリックで拡大

一口に大吟醸酒といっても甘口のものから辛口までありますので、好みに合う1本を見つけるのはなかなか難しいですよね。

実は、日本酒のラベルには様々な情報が記載されていて、日本酒度と酸度の数値を見ることで日本酒の甘口・辛口をある程度判断できます。

そこで以下では、日本酒度と酸度が示す意味や、日本酒の甘辛を判断する方法をご紹介します。

◆日本酒度|糖分の含有量を表す指標(甘口/辛口)

日本酒度は、日本酒の甘口・辛口の判断の目安として使われています。日本酒に糖分が多く含まれていれば日本酒度はマイナス、少なければ日本酒度はプラスになります。

日本酒度による味わいの変化
+6.0以上 +3.5~+5.9 +1.5~+3.4 -1.4~+1.4 -1.5~-3.4 -3.5~-5.9 -6.0以上
大辛口 辛口 やや辛口 普通 やや甘口 甘口 大甘口

◆酸度|酸の含有量を表す指標(濃い/薄い)

酸度は、日本酒の濃淡の目安として使われています。酸度が高いと辛口で濃く、低いと甘口で薄い味わいになります。

酸度による味わいの変化
1.6以下 1.6~1.8 1.8~2.4 2.4以上
少し薄い 普通 少し濃い かなり濃い

◆日本酒度・酸度|両者の相関関係から甘口・辛口を見極める

日本酒の甘口・辛口、濃厚・淡麗などの味わいは、日本酒度と酸度の組み合わせによって決まります。

そこで、日本酒度と酸度のバランスによって日本酒の味わいがどのように変わるのか図にしましたので、日本酒選びの参考にしてください。

酸度と日本酒度の関係

※クリックで拡大

  • 濃醇辛口…お米のコクとキレのある喉越しが特徴
  • 濃醇甘口…お米のコクと優しい甘みが特徴
  • 淡麗辛口…スッキリとした味わいとキレのある喉越しが特徴
  • 淡麗甘口…スッキリとした味わいと上品な甘みが特徴

さやかちゃん

この図を参考にすれば、自分にピッタリの日本酒を探せそうです ♪

関連記事:日本酒の甘口・辛口の違いとは?|日本酒度・酸度・アミノ酸度と味わいの関係

②味の濃淡で選ぶ|精米歩合でスッキリ感や濃厚感が分かる

精米歩合はお米の表面の削り具合を表す

※クリックで拡大

精米歩合とは、精米した後に残った酒米の割合をパーセンテージ(%)で表したものです。例えば、お米の表面(ぬか)を40%削ると精米歩合は60%になります。

お米を削る作業は職人の高い技術が必要とされ、精米歩合の数値が低いほど高級酒に使われます。

精米歩合と日本酒の味わいには、以下のような関係かあります。

精米歩合と日本酒の香味の関係

・精米歩合の値が低い(お米をたくさん削っている)
 ⇒淡麗でスッキリとした雑味のない味わい

・精米歩合の値が高い(お米をあまり削っていない)
 ⇒濃厚で深みのある味わい

サケ丸

精米歩合の値が低くなるほど香りが豊かでスッキリした味わいになるよ!

さやかちゃん

その分、お米の旨味やコクは薄れてしまうんですね。

関連記事:精米歩合とはお米の削り具合を示す指標|精米歩合で変わる日本酒の味わいとは?

③原料の酒米で選ぶ|酒米の品種は日本酒に多種多様な風味を生み出す

酒造好適米の品種と主な産地

※クリックで拡大

大吟醸酒の原料で使われているお米は、日本酒造りのために品種改良された「酒造好適米」が使われています。

酒造好適米の品種によって日本酒の風味はガラリと変わります。日本酒を購入する際は、ぜひお米にも注目してみてください。

◆山田錦(やまだにしき)
山田錦は「酒米の王様」と呼ばれるほど有名な酒米です。山田錦を使って造られた日本酒は、香りが高く繊細でスッキリとした味わいが特徴です。

◆雄町(おまち)
雄町は慶応2年にはすでに栽培されていた日本最古の酒米です。雄町で造られた日本酒は、コクのある味わいと甘味と酸味のバランスに優れた日本酒に仕上がります。

◆五百万石(ごひゃくまんごく)
五百万石は、山田錦と並んで2大巨頭として君臨する有名な酒米です。味わいは淡麗でスッキリとした辛口のタイプの日本酒に仕上がるのが特徴で、新潟の端麗辛口の一端を担っています。

◆美山錦(みやまにしき)
美山錦は長野県を代表的な産地とする品種で、昭和53年に長野県農業試験場で突然変異によって生まれた比較的新しい酒米です。美山錦で造られた日本種は、五百万石に近いスッキリとした軽快な味わいが特徴です。

サケ丸

酒米の栽培された地域の土壌・水質・気候によっても出来上がった日本酒の味わいは変わるんだよ!

関連記事
酒造りに特化した酒造好適米(酒米)とは?|酒米の持つ4つの性質

【山田錦・五百万石・美山錦】は日本酒の風味が違う!|生産地で変わる酒米の特徴とは?

大吟醸酒のおすすめの銘柄10選|有名銘柄を中心にピックアップ

京都と着物美女

大吟醸酒のおすすめの商品10選ご紹介します!

有名銘柄を中心にピックアップしましたので、「種類が多すぎて分からない!」という方はぜひ参考にしてください。

①八海山 大吟醸(新潟県)

薫酒(香り華やかなタイプ)
八海山のような澄み切った綺麗な大吟醸酒
厳選した酒造好適米を精米歩合40%まで丹念に磨き上げ、新潟の厳冬の環境で仕込まれています。じっくり低温で発酵したお酒は、膨らみのある柔らかな味わいが口の中に広がります。
白く雪化粧した八海山のような澄み切った綺麗なお酒です。
酒米 山田錦・美山錦他
精米歩合 40%
日本酒度 +6
酸度 1.0
味わい 辛口/淡麗
飲み方 冷酒

②賀茂鶴 大吟醸 双鶴(広島県)

薫酒(香り華やかなタイプ)
江戸時代から続く老舗酒蔵が手掛ける大吟醸酒
精米歩合32%まで磨き上げた山田錦を100%使用し、賀茂鶴秘伝の技を駆使して寒中に手間ひまかけて造られた大吟醸酒です。
香りが高く、スッキリした喉ごしの中にもふくよかな味わいがあります。
酒米 山田錦
精米歩合 32%
日本酒度 +3.5
酸度 1.2
味わい 辛口/淡麗
飲み方 冷酒・常温

③北雪酒造 北雪 大吟醸(新潟県)

薫酒(香り華やかなタイプ)
日本屈指の酒造メーカーが手掛ける女性にも飲みやすい大吟醸
「酒米の王様」山田錦を精米歩合35%まで磨き上げ、長期低温発酵で手間ひまかけて造られており、芳醇な香りと繊細で深みのある味わいを堪能することができます。
「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2020」プレミアム大吟醸部門の金賞など、数々の賞を受賞しています。
酒米 山田錦
精米歩合 35%
日本酒度 +4
酸度 1.2
味わい 中辛口/淡麗
飲み方 冷酒・常温

④越路乃紅梅 大吟醸(新潟県)

薫酒(香り華やかなタイプ)
40代の若き杜氏が全国新酒鑑評会に出品するために造った大吟醸酒
大吟醸らしい華やかな香りは料理を邪魔しない程度に抑えられており、口当たりはやや濃いめにも感じますがスッと後味が切れていく辛口に仕上がっています。
令和元年全国新酒鑑評会(30BY)にて金賞を受賞しています。
酒米 山田錦
精米歩合 40%
日本酒度 +3
酸度
味わい 辛口/淡麗
飲み方 冷酒・常温

⑤出羽桜 雪漫々(山形県)

薫酒(香り華やかなタイプ)
マイナス5℃の熟成蔵で5年間熟成させた大吟醸酒
真夏でもマイナス5℃の熟成蔵「酒眠蔵」でじっくり熟成させた大吟醸酒です。熟成によりアルコールの角が取れて、まろやかで深みのある味わいを楽しむことができます。
酒米 山田錦
精米歩合 35%
日本酒度 +5
酸度 1.2
味わい 辛口/淡麗
飲み方 冷酒・常温

⑥北の稲穂 大吟醸(北海道)

薫酒(香り華やかなタイプ)
北海道の酒米を100%使用した大吟醸酒
北海道の酒米を精米歩合40%まで磨きあげ、時間をかけて丁寧に造られた大吟醸酒です。
雑味は一切なく、口当たりの良い柔らかな味わいが口の中に広がります。
酒米 北海道酒造好適米
精米歩合 40%
日本酒度 +1
酸度 1.3
味わい やや甘口/淡麗
飲み方 冷酒・常温

⑦北鹿 北秋田 大吟醸(秋田県)

薫酒(香り華やかなタイプ)
秋田ナンバーワンの受賞歴を誇る蔵元が造る本格派大吟醸酒
米どころの秋田県の良質なお米と水で造られており、リンゴや白桃のような吟醸香と端麗でスッキリとした味わいが特徴です。お値段も手頃なため、毎日の贅沢な晩酌酒としてぜひお試しください。
「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2018」で金賞を受賞しています。
酒米 国産米
精米歩合 50%
日本酒度 +3
酸度 1.3
味わい 辛口/淡麗
飲み方 冷酒・常温

⑧大吟醸 越後桜(新潟県)

薫酒(香り華やかなタイプ)
山田錦を使いながらもコストパフォーマンスに優れたウマイ!大吟醸酒
華やかなフルーティーな香りと、旨味がありながらスッキリとした後味は飲み手を選びません。また、山田錦を贅沢に使用していながらもリーズナブルなのも嬉しいですね。
「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2019」で金賞を受賞しています。
酒米 山田錦など
精米歩合 50%
日本酒度 +4
酸度 1.3
味わい 辛口/淡麗
飲み方 冷酒

⑨黒龍 大吟醸(福井県)

薫酒(香り華やかなタイプ)
香味のバランスがとれた根強い人気のロングセラー
大吟醸酒といえば「黒龍」と言われるほど人気の高いお酒です。バナナ系の吟醸香と透明感のある味わいは飲み手を飽きさせることがありません。
冷蔵庫でしっかり冷やして食前食後酒として、白身魚の刺身などサッパリとした料理とともに食中酒としてお楽しみください。
酒米 山田錦
精米歩合 40%
日本酒度 +3.0
酸度 1.1
味わい やや辛口/淡麗
飲み方 冷酒

⑩月桂冠 大吟醸パック(京都)

薫酒(香り華やかなタイプ)
毎日の晩酌にピッタリなコスパに優れた大吟醸酒
リーズナブルで高品質な品揃えでおなじみの月桂冠の大吟醸酒です。大吟醸酒ならではの華やかな香りとふくよかな味わいをコスパに優れた紙パックで味わうことができます。
香りの吸着を抑え、吟醸香を保持できる特殊な機能を持つパック容器を採用しています。
酒米
精米歩合 50%
日本酒度
酸度
味わい 中辛口/淡麗
飲み方 冷酒・常温

大吟醸酒の飲み方|冷やした大吟醸酒は食前・食後酒におすすめ

食前酒

香りの強い繊細な味わいの大吟醸酒は、飲むときの温度や合わせる料理に気を配る必要があります。

以下では、大吟醸酒の香味をより引き立たせる温度と料理のペアリングについてご紹介します。

大吟醸酒を飲むときの温度|10℃(花冷え)から15℃(涼冷え)がおすすめ

冷酒の呼び名と温度帯
冷酒の呼び名 温度帯 香味の特徴
雪冷え(ゆきびえ) 5℃程度(氷水くらいの温度) 香りや味わいが感じにくい
花冷え(はなびえ) 10℃程度(冷蔵庫で冷やしたくら
いの温度)
香りが小さくなり喉越しがよくなる
涼冷え(すずびえ) 15℃程度(冷蔵庫から出して少し
経過したくらいの温度)
華やかな香りやとろみのある味わい
がある

大吟醸酒は、冷蔵庫などで「冷やして飲む」ことをおすすめします。

大吟醸酒を冷やすと、吟醸香の香りが適度に抑えられ、サッパリとした軽快な飲み口になります。

オススメの温度帯は10℃(花冷え)から15℃(涼冷え)で、大吟醸酒の香味を最もバランスよく堪能することができます。

サケ丸

大吟醸酒は、温度が高くなると吟醸香の香りが強調されたり甘みが増すため、味わいのバランスが崩れてしまうんだ。

さやかちゃん

大吟醸酒は冷蔵庫でしっかり冷やして飲むのがポイントですね ♪
注意
日本酒は温度が低くなると香りが抑えられ、味わいは「水」のように淡白になる性質がありますので、冷やし過ぎには注意が必要です

関連記事:【日本酒の冷酒】全3種類をご紹介|冷酒の「呼び名」「味わい」は温度によって変わる

大吟醸酒と料理のペアリング|素材の味を生かした薄味の料理と相性が良い

大吟醸酒と相性の良い料理
和食 中華 洋食
・刺身
・そば
・寿司
・茶碗蒸
・かに玉
・シュウマイ
・小籠包
・ロールキャベツ
・プレーンオムレツ
・スモークサーモン

大吟醸酒は、吟醸香の強い香りがするお酒です。

そのため、香りが料理のデリケートな風味を邪魔してしまうことがありますので、純粋にお酒の味や香りを楽しめる食前・食中酒として飲むのが良いでしょう。

食事と共に飲む場合は、素材の味を生かした料理や薄味の料理と相性が良いです。

さやかちゃん

なるほど!大吟醸酒は食前酒として飲むのがおすすめなんですね♪

大吟醸酒の保存方法|10℃前後の冷蔵保存が必要

冷蔵庫を開ける女性

大吟醸酒は「吟醸造り」と呼ばれる低温で長期熟成して造られる繊細な日本酒で、常温保存するとフルーティーな香りが失われ、味わいのバランスが崩れてしまいます。

したがって、保存する際は10℃以下の冷蔵庫で保存するようにしてください。

また、日本酒のラベルには賞味期限の表示はありませんが、一般的な日本酒の賞味期限が1年に対して大吟醸酒は9ヶ月と短いため注意が必要です。

大吟醸酒の保存方法と賞味期限

  • 保存方法:冷蔵保存(10℃前後)
  • 賞味期限:9ヶ月(開封後は7~10日)

サケ丸

日本酒の保存で大敵なのが「光」と「温度」。冷蔵庫に入れておけば、比較的長い期間美味しい状態を保つことができるよ。

関連記事:日本酒の保管で重要な3つのポイント|気を付けたい「光」と「温度」の管理

まとめ:日本酒の最高峰である大吟醸酒をぜひお試しください!

雄町

今回は、日本酒の最高峰である「大吟醸酒」についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

大吟醸酒の特徴をいくつかご紹介しましたが、まとめると以下のとおりです。

大吟醸酒の特徴(醸造方法)

  • 精米歩合50%以下
  • 低温でじっくり発酵させる「吟醸造り」で造られている
  • 果実(バナナ・リンゴ・メロン)の香り(吟醸香)を放つ
  • 醸造アルコールが入っている

サケ丸

大吟醸酒は、丹念に磨き抜いた(精米歩合50%以下)酒米を吟醸造りでじっくり丁寧に発酵させた、蔵元自慢のお酒なんだ。

さやかちゃん

「日本酒の最高峰」と言われるゆえんが良く分かりました!

大吟醸酒の最大の魅力は、なんと言ってもフルーティーな香り(吟醸香)です。

大吟醸酒の種類によっては、吟醸香が強いものがありますので、食前・食後酒としてお楽しみください。

サケ丸

料理と合わせるときは、サッパリした料理(刺身・そば・寿司)と相性が良いよ!
大吟醸酒の特徴(香り)

  • メロン・リンゴ・梨などの果実の甘い香りを放つ
  • 醸造アルコールが入っているため香りがさらに引き立っている

また、大吟醸酒で使われる酒米は精米歩合50%以下で、なんとお米を半分も削っています。

そのため、一切の雑味のない透明感のある味わいを楽しむことができます。

さやかちゃん

丹念に磨かれたお米を使っているから、日本酒独特の雑味や甘ったるさがなくなるんですね!
吟醸酒の特徴(味わい)

  • 雑味のないクリアな味わい
  • 比較的軽快でサッパリしたものが多い

このように、吟醸酒と比べてさらに手間ひまかけて造られた大吟醸酒は、日本酒の高級酒として特別な記念日や贈答用にピッタリなお酒です。

高価なお酒だけに良いものを選びたい…、そんな方のために本記事では10本の吟醸酒をご紹介しましたので、是非参考にしてください。

本記事が、ピッタリな日本酒を見つける一助になりましたら幸いです。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です