【本醸造酒おすすめ10選】晩酌にピッタリ!安くて美味しい辛口銘柄をピックアップ

本醸造酒おすすめ10選

本醸造酒は、「米・米麹・水」で造られた純米酒に醸造アルコールを加えた日本酒です。

さやかちゃん

なぜ日本酒に醸造アルコールを加えるんですか?

サケ丸

元々は日本酒を腐造から守るために加えられていたんだけど、現在は香りや味わいの調整が主な目的だよ!

本醸造酒は、純米酒のようなお米の旨味やコクを味わえるとともに、醸造アルコールによるスッキリとしたキレのある飲み口が特徴です。

また、穏やかな香りは料理の風味を邪魔することがありませんので、每日の晩酌や食中酒として気軽に楽しむことができます。

本醸造酒は食事と合わせて晩酌するのにピッタリ

サケ丸

スッキリとしたクセのない味わいは、日本酒の入門酒としてもおすすめだよ!

さやかちゃん

価格も比較的リーズナブルなんですね ♪ 食事と一緒に飲んでみたいです (^^)

本醸造酒のもう一つの魅力は、幅広い温度帯で美味しく飲めることです。

暑い夏は冷蔵庫で冷やすと清涼感のある軽快な飲み口になりますし、寒い冬はお燗酒にするとお米の風味がふくらんで至福のひと時を過ごすことができます。

さやかちゃん

幅広い料理に冷酒からお燗酒まで合わせることができる本醸造酒は、魅力の詰まったお酒なんですね ♪

そこで本記事では、毎日の晩酌や食中酒にピッタリな本醸造酒について、おすすめの10本をご紹介します。

全国の酒蔵からは、自慢の本醸造酒がたくさん販売されています。

自分に合った1本を見つけるのが難しい!そんな方は本記事をぜひ参考にしてみてください。

この記事で分かること

  • 本醸造酒のおすすめ10選
  • 本醸造酒とはどんなお酒なのか
  • 本醸造酒の選び方
  • 本醸造酒の美味しい飲み方と保存方法

目次

本醸造酒とは|純米酒のような風味とスッキリとした辛口のお酒

マスに入ったグラスに注がれる日本酒

本醸造酒は日本酒通には毎日の晩酌酒として絶大な人気を誇るお酒ですが、日本酒に馴染みがない方には耳慣れない名前のお酒かもしれません。

そこで、本醸造酒の3つの要件や味わい、香りの特徴についてご紹介します。

なお、本醸造酒の香味の特徴や醸造法についてさらに詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

お米で作った日本酒 本醸造酒とはどんな日本酒?|純米酒との違いや美味しい飲み方をご紹介

本醸造酒の3つの要件|酒税法で定められた特定名称酒のひとつ

本醸造酒の3つの要件

本醸造酒は、国税庁が定めた「清酒の製法品質表示基準」で要件が規定されている「特定名称酒」の一種です。

本醸造酒を名乗るためには、以下の3つの要件を満たす必要があります。

「本醸造酒」の3つの要件

  1. 原料は「米・米麹・醸造アルコール」
  2. 精米歩合70%以下
  3. 醸造アルコールは原料となる白米の総重量の10%以下

特定名称酒と要件
特定名称酒 原料 精米歩合 香味の要件
本醸造酒 米・米麹・水
醸造アルコール
70%以下 香味、色沢が良好
吟醸酒 60%以下 吟醸造り、固有の香味、色沢が良好
大吟醸酒 50%以下 吟醸造り、固有の香味、色沢が特に良好
特別本醸造酒 60%以下または
特別な製造方法
香味、色沢が特に良好
純米酒 米・米麹・水 香味、色沢が良好
純米吟醸酒 60%以下 吟醸造り、固有の香味、色沢が良好
純米大吟醸酒 50%以下 吟醸造り、固有の香味、色沢が特に良好
特別純米酒 60%以下または
特別な製造方法
香味、色沢が特に良好

サケ丸

特定名称酒の中で、本醸造酒は醸造アルコールが入った「アル添タイプ」の日本酒だよ!

関連記事:日本酒の特定名称酒とは?|8種類の製法や味わいの違いを徹底解説!

本醸造酒の香り|お米の穏やかな香りを楽しむことができる

お米の表面には雑味成分が含まれている

※クリックで拡大

本醸造酒は吟醸酒と比べて香りが穏やか(控えめ)なのが特徴です。

その理由は原料で使われるお米の精米歩合にあります。

お米の表面にはタンパク質や脂質が多く含まれていますが、実は脂質には「香り」を抑える作用があります。

精米歩合を本醸造酒と吟醸酒で比較すると以下のとおりとなります。

本醸造酒と吟醸酒の精米歩合の比較

  • 本醸造酒 ⇒精米歩合70%以下
  • 吟醸酒  ⇒精米歩合60%以下

本醸造酒は吟醸酒のような華やかな香りはしませんが、お米の穏やかな香りを楽しむことができます。

さやかちゃん

吟醸酒の方がお米をよく磨いているんですね。

サケ丸

そうだね!本醸造酒は米の磨きを抑えているから、米に香りを抑える脂質を多く含んでいるんだよ。

関連記事:吟醸酒とはどんな日本酒?|吟醸酒と大吟醸酒の違いとともに詳しく解説します!

本醸造酒の味|スッキリとしたキレのある後味を堪能できる

本醸造酒はスッキリしたキレのある後味を堪能できる

以下のような理由で日本酒が嫌いなったという話をよく伺います。

  • 日本酒独特の香りが鼻について苦手
  • 甘ったるくて口にまとわりつく感じがダメ

このように日本酒に対して抵抗感をお持ちの方は、ぜひ本醸造酒をお試しください。

本醸造酒には醸造アルコールが入っていますので、スッキリとした辛口でキレのある味わいを堪能することができます。

主にサトウキビで造られた高濃度のアルコール。醸造アルコール自体に味や香りはなく、日本酒に入れることによってクリアな味わいになり、香りが引き立つ効果があります。

醸造アルコールの3つの効果

  1. スッキリとキレのある軽快な飲み口の日本酒になる
  2. フルーティーで華やかな香りを引き立てる
  3. 雑菌やカビの繁殖を抑える

サケ丸

クセのないスッキリとした味わいの本醸造酒は、日本酒を初めて飲む方の入門酒としてもオススメなんだ!

関連記事:二日酔いや悪酔いは醸造アルコールが原因?|日本酒に醸造アルコールを入れる3つの理由

スポンサーリンク

本醸造酒のおすすめ銘柄10選|料理と合わせて飲める銘柄をピックアップ

本醸造酒のおすすめの商品10選ご紹介します!

できるだけリーズナブルで、毎日の晩酌に料理と合わせて飲んでいただける銘柄を厳選しましたので、参考にご覧ください。

①宮崎本店 極上宮の雪(三重県)

醇酒(コクのあるお酒)
白ワインのようなフルーティーでまろやかな味わいのお酒
低温で発酵させることで白ワインのようなフルーティーな香りを放ち、爽やかな甘みと米のふくよかな旨味が味わえるお酒です。幅広い料理と相性が良いため、食事と共に冷酒か常温でお召し上がりください。
モンドセレクションで連続金賞を受賞するなど、国内外で高い評価を受けています。
酒米
精米歩合 60%
日本酒度 +1.0
酸度 1.3
味わい 中口
飲み方 冷酒・常温・ぬる燗・熱燗

②澤乃井 本醸造大辛口(東京都)

醇酒(コクのあるお酒)
中硬水「石清水」を使って造られたキレキレの辛口本醸造酒
自社の井戸からくみ上げた中硬水「石清水」を使って醸造された本格的な辛口酒です。爽やかな香りとキレキレの味わいは、淡泊な味わいの刺身からコッテリとしたサバの味噌煮まで相性よくいただくことができます。暑い夏場は、冷蔵庫で冷やして冷酒にすると一層爽快な飲み口になりますのでオススメです。
酒米
精米歩合 65%
日本酒度 +10
酸度 1.6
味わい 大辛口
飲み方 冷酒・常温・ぬる燗

③本醸造 立山(富山県)

醇酒(コクのあるお酒)
魚料理と相性が良いスッキリとした喉越しの辛口本醸造酒
良質の酒造好適米「五百万石」で醸された「本醸造 立山」は、北陸富山を代表する銘醸蔵「立山」を代表する銘柄。清流庄川の伏流水を仕込水とし、スッキリとした喉越しとキレのある辛口な味わいが特徴です。海魚や川魚をはじめとしたあっさりとした和食との相性が抜群で、冷やはもちろん、ぬる燗でも美味しく飲むことができます。
酒米 五百万石
精米歩合 65%
日本酒度 +5.5〜+6.0
酸度 1.3
味わい 辛口
飲み方 冷酒・常温・ぬる燗

④菊正宗 特撰(兵庫県)

醇酒(コクのあるお酒)
生酛造りで醸されたキレのある辛口な味わいの本醸造酒
兵庫県の灘特有の米の旨味とキレのある辛口の味わいが楽しめる辛口本醸造酒です。伝統の生酛造りで造られていますので、複雑で深い味わいと酸味の利いたキレの良さが特徴です。お値段もリーズナブルなため、気軽に飲める食中酒として人気の銘柄です。
酒米 山田錦
精米歩合 70%
日本酒度 +4.5
酸度 1.4
味わい 辛口
飲み方 冷酒・常温・ぬる燗・熱燗

⑤浦霞 本仕込(宮城県)

醇酒(コクのあるお酒)
クセがなくスイスイと飲める中辛な食中酒
自家酵母を用いて造られた「浦霞 本仕込」は、本醸造酒では珍しい中辛なのお酒です。また、まろやかな口当たりとスッキリとしたクセのない味わいは、本醸造酒を始めて飲む方にもおすすめです。
酒米
精米歩合 65%
日本酒度 +2.0
酸度 1.2
味わい 辛口
飲み方 冷酒・常温・ぬる燗・熱燗

⑥真澄 本醸造 特撰辛口(長野県)

醇酒(コクのあるお酒)
2014年リニューアル!香り高く淡麗な飲み口のコスパに優れた銘酒
「日本一美味しい燗酒」を目標に造られ、数々のコンクールで栄誉に輝くなど、宮坂醸造を代表する本醸造酒です。お手ごろ価格なのに香りが高く軽快な飲み口は、低晩酌酒に最適な1本です。
全国燗酒コンテスト2017「お値打ちぬる燗部門」では金賞を受賞するなど、上質で個性ある酒として評価されています。もちろん冷でもおすすめです。
酒米 長野県産 美山錦など
精米歩合 60%
日本酒度 +3.0
酸度 1.1
味わい やや甘口
飲み方 冷酒・常温・ぬる燗

⑦一ノ蔵 無鑑査本醸造 辛口(宮城県)

醇酒(コクのあるお酒)
多くの酒通から高い評価を得ているコスパに優れた本醸造酒
宮城県を代表する地酒「一ノ蔵」は、昭和52年の発売以来、高い品質とコストパフォーマンスの良さで人気を博すロングセラー商品です。穏やかな香りとスッキリとした味わいは決して飲み飽きることがなく、冷酒でもお燗酒でも美味しくいただけます。また、幅広い料理と合わせることができますので、毎日の晩酌酒としても評判です。
世界的なワインコンペティションであるインターナショナルワインチャレンジ2018日本酒本醸造酒部門ではゴールド賞を受賞するなど、海外でも評価の高い本醸造酒です。
酒米
精米歩合 65%
日本酒度 +4.0〜+6.0
酸度 1.3
味わい 辛口
飲み方 冷酒・常温・ぬる燗・熱燗

⑧越乃景虎超辛口 本醸造(新潟県)

醇酒(コクのあるお酒)
越後の山里から湧き出る超軟水で醸されたスッキリした中辛のお酒
越後の澄んだ空気と超軟水で仕込まれた上質な本醸造酒です。銘柄は「超辛口」となっていますが、まろやかな辛口に仕上がっております。また水のようにサラリとした口当たりで、飲むごとにお米の風味も楽しめます。冷酒からぬる燗まで美味しくいただくことができます。クセのない淡麗な本醸造酒をお探しの方は、「越乃景虎超辛口 本醸造」をぜひお試しください。
酒米 五百万石、ゆきの精
精米歩合 55%
日本酒度 +13.0
酸度 1.5
味わい 辛口
飲み方 冷酒・常温・ぬる燗

⑨朝日鷹 特撰 本醸造(山形県)

醇酒(コクのあるお酒)
中身は14代?と思わせるフルーティーな香りが漂うお酒
高木酒造は、「十四代」「黒縄」「双虹」で有名な山形の高木酒造で、数多くの芳醇な旨口の日本酒を生み出しています。「朝日鷹 特撰 本醸造」は、中身はあの超高級酒「十四代」?と思わせるようなフルーティーで甘みのある香りが特徴の大変人気のある銘柄です。味わいはキリっとした辛口の味わいで、女性や日本酒に馴染みの買い方でも抵抗なく楽しんでいただけます。
酒米
精米歩合 60%
日本酒度 +3.0
酸度
味わい やや辛口
飲み方 冷酒・常温・ぬる燗

⑩黒松剣菱 特撰(兵庫県)

醇酒(コクのあるお酒)
濾過しすぎていないお米の濃厚な旨味が味わえる薄黄色のお酒
お米の濃厚な旨味と豊かな香りが特徴の本醸造酒です。この香りと旨味は、濾過の工程で香味成分を適度に残すことによって生まれます。口に含んだ際に広がるお米の風味と、後に残る旨味や酸味の余韻は、多くの日本酒通に愛されています。お燗にすると濃厚な旨味がされに引き立ちます。
酒米 兵庫山田錦など
精米歩合 -%
日本酒度 +0.5
酸度 1.6
味わい 辛口
飲み方 冷酒・常温・ぬる燗

本醸造酒の選び方|3つのポイントをご紹介

日本酒通から絶大な人気を誇る本醸造酒は、全国の酒蔵から自慢の銘柄が数多く販売されています。

日本酒をこれから飲み始める方は、酒販売店でずらりと並んだ商品の中から自分好みの1本を見つけ出すのはなかなか難しいですよね。

そこで、日本酒選びのポイントを3つご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

①甘口・辛口で選ぶ|本醸造酒は辛口のタイプが多い

日本酒の甘口と辛口は日本酒度と酸度のバランスで決まる

日本酒の甘口・辛口は、酒中に含まれる「日本酒度」「酸度」「アミノ酸度」によってある程度判断することができます。

特に日本酒度と酸度のバランスで日本酒の味わいが決ると言われています

一般的に辛口タイプが多い本醸造酒ですが、中には辛味を抑えてほんのり甘味をともなう飲み口のものもありますので、瓶ラベルに記載されている数値をチェックしてみてください。

日本酒度|糖分の含有量を表す指標(甘口/辛口)

日本酒度は、酒中にどのくらい「糖分」が含まれているかを示す指標で、日本酒の甘辛を判断する上で最も重要な指標です。

糖分が多ければマイナスで甘口の味わいになり、反対に糖分が少なければプラスでスッキリとした辛口の日本酒になります。

日本酒度による味わいの変化
+6.0以上 +3.5~+5.9 +1.5~+3.4 -1.4~+1.4 -1.5~-3.4 -3.5~-5.9 -6.0以上
大辛口 辛口 やや辛口 普通 やや甘口 甘口 大甘口

さやかちゃん

辛口」というのは「糖分が少ない」という意味だったんですね!

酸度|酸の含有量を表す指標(濃い/薄い)

酸度は、酒中に含まれる酸(コハク酸、クエン酸、リンゴ酸、乳酸)の量を示す指標で、日本酒にキレを与える効果があります。

日本酒度が同じであれば酸度が高いほうが辛口、低いほうが甘口に感じられます。

酸度による味わいの変化
1.6以下 1.6~1.8 1.8~2.4 2.4以上
少し薄い 普通 少し濃い かなり濃い

サケ丸

酸味がしっかりしていれば糖度が高くなっても辛口に感じるんだ!

アミノ酸度|アミノ酸の含有量を表す指標(濃厚/淡麗)

アミノ酸度は、酒中に含まれるアミノ酸の量を示す指標で、日本酒に旨味やコクを生み出す高価があります。

日本酒度が同じであれば、アミノ酸度が高いほうが甘口、低いほうが辛口の味わいになります。

アミノ酸度による味わいの変化
1.0未満 1.0~2.0 2.0を超える
淡麗 一般的 濃厚

◆日本酒度と酸度|両者のバランスから甘口・辛口を見極める

日本酒の甘口・辛口、濃厚・淡麗などの味わいは、日本酒度と酸度のバランスによって決まります。

そこで、日本酒度と酸度の値によって味わいがどのように変わるのか図にしましたので、日本酒選びの参考にしてください。

酸度と日本酒度の関係

※クリックで拡大

関連記事:日本酒の甘口・辛口の違いとは?|日本酒度・酸度・アミノ酸度と味わいの関係

②精米歩合で選ぶ|雑味のないクリアな酒は精米歩合の低いものを選ぼう

お米は磨けば磨くほどスッキリとした酒になる

※クリックで拡大

精米歩合とは、お米の表面を削って残った酒米の割合をパーセンテージ(%)で表したものです。

例えば、精米歩合80%はお米を削ってもとの80%にした状態で、削られた部分(ぬか)は20%ということになります。

精米歩合と日本酒の味わいには以下のような関係かあります。

精米歩合と日本酒の香味の関係

・精米歩合の値が低い(お米をたくさん削っている)
⇒淡麗でスッキリとした雑味のない味わい

・精米歩合の値が高い(お米をあまり削っていない)
⇒濃厚で深みのある味わい

さやかちゃん

精米歩合の値が低くなるほど香りが豊かでスッキリした味わいになるんですね!

サケ丸

お米を削る作業は職人の高い技術が必要とされるんだ。精米歩合の数値が低いほど高級酒に使われるよ。

関連記事:精米歩合とはお米の削り具合を示す指標|精米歩合で変わる日本酒の味わいとは?

③原料の酒米で選ぶ|酒米の品種で多種多様な風味を生み出す

酒造好適米の品種と主な産地

※クリックで拡大

本醸造酒の原料で使われているお米は、日本酒造りのために品種改良された「酒造好適米」が使われています。

酒造好適米の品種によって日本酒の風味はガラリと変わります。日本酒を購入する際は、ぜひお米にも注目してみてください。

◆山田錦(やまだにしき)

山田錦は「酒米の王様」と呼ばれるほど有名な酒米です。山田錦を使って造られた日本酒は、香りが高く繊細でスッキリとした味わいが特徴です。

◆雄町(おまち)

雄町は慶応2年にはすでに栽培されていた日本最古の酒米です。雄町で造られた日本酒は、コクのある味わいと甘味と酸味のバランスに優れた日本酒に仕上がります。

◆五百万石(ごひゃくまんごく)

五百万石は、山田錦と並んで2大巨頭として君臨する有名な酒米です。味わいは淡麗でスッキリとした辛口のタイプの日本酒に仕上がるのが特徴で、新潟の端麗辛口の一端を担っています。

◆美山錦(みやまにしき)

美山錦は長野県を代表的な産地とする品種で、昭和53年に長野県農業試験場で突然変異によって生まれた比較的新しい酒米です。美山錦で造られた日本酒は、五百万石に近いスッキリとした軽快な味わいが特徴です。

さやかちゃん

酒米の品種によって日本酒の味や香りが変わるなんて…。ビックリ!

関連記事:
酒造りに特化した酒造好適米(酒米)とは?|酒米の持つ4つの性質
【山田錦・五百万石・美山錦】は日本酒の風味が違う!|生産地で変わる酒米の特徴とは?

本醸造酒の飲み方|食中酒としてどんな料理にも合わせられる

香りが控えめでスッキリとした辛口の味わいが特徴の本醸造酒は、どのくらいの温度でどんな料理に合わせれば美味しくいただけるのでしょうか?

ここでは、毎日の食卓で本醸造酒を飲む際のポイントについてご紹介します。

本醸造酒を飲むときの温度|冷酒から熱燗まで幅広い温度帯で楽しめる

お燗酒の温度と「香りと味わい」の変化
お燗の呼び名 温度 (徳利の温度) 香りと味わい
ぬる燗(ぬるかん) 40~45℃(やや温かい) 香りの輪郭がはっきり感じられる
人肌燗(ひとはだかん) 35~40℃(ほんのり温かい) 味わいが膨らみはじめる
日向燗(ひなたかん) 30~35℃(温度を感じない) ほんのり香味が感じられる
常温(じょうおん) 20~25℃(温度を感じない) お酒本来の香味が感じられる

純米酒と同様にお燗酒のメージが強い本醸造酒ですが、実は冷酒から熱燗まで、幅広い温度帯で楽しめるのが大きな魅力です。

幅広い温度帯で楽しめる本醸造酒

・冷やした本醸造酒:10℃~15℃前後(花冷え~涼冷え)
⇒スッキリとしたキレのある味わいがさらに引き立ち軽快な喉越しになる

・温めた本醸造酒: 30℃~40℃前後(日向燗~ぬる燗)
⇒お米の香りと味が膨らみ旨味やコクを楽しむことができる

いろいろな温度で楽しめる本醸造酒ですが、お米の甘みや旨味を味わえる常温(20℃)~ぬる燗(40℃)がおすすめです。

サケ丸

日本酒は同じ銘柄でも温度によって味が微妙に変わるんだ!いろんな温度で飲んで、自分に合った香りや味を見つけるのも楽しみのひとだね♪

関連記事:
お燗酒の作り方|湯煎と電子レンジによる日本酒の温め方のコツとは?【日本酒の冷酒】全3種類をご紹介|冷酒の「呼び名」「味わい」は温度によって変わる

本醸造酒と相性の良い料理|香り控えめでどんな料理にも好相性

本醸造酒と相性の良い料理
和風 中華 洋食
●タレの焼き鳥
●さばの味噌煮
●手羽元の甘辛煮
●塩辛
●餃子
●酢豚
●豚の角煮
●焼豚
●ハンバーグ
●クリームシチュー
●グラタン
●赤身のステーキ

華やかな香りを発する吟醸酒系の日本酒と比べて香りが控えめでスッキリとした味わいの本醸造酒は、食中酒としておすすめのお酒です。

和食、中華、洋食など、どんな料理に合わせても本醸造酒の香味が料理の素材の味を邪魔することがありません。

さやかちゃん

さまざまな温度帯で楽しめて、合わせられる料理の幅も広い本醸造酒は、毎日の食中酒にピッタリな日本酒ですね!

本醸造酒の保存方法|常温保存することができる

日本酒の保存は温度変化がのく光の当たらない場所が良い

本醸造酒は、「火入れ」という低温殺菌を貯蔵タンクに入れる直前に1回、出荷前の瓶詰めの直前の1回の合計2回行われています。

そのため、瓶内の酵母や酵素の活動がストップしていて酒質が安定していますので、常温保存することができます。

本醸造酒の保存方法と賞味期限

  • 保存方法:常温保存(光の当たらない冷暗所)
  • 賞味期限:製造年月日から10ヶ月(開封後は7~10日)

サケ丸

光の当たらない涼しいところ(20℃前後)で保管してね!
MEMO
日本酒は光(紫外線)を当てたり高温な場所で保存すると、「日光臭」「日向臭」と呼ばれる不快な臭いを発するようになります。保存場所は冷蔵庫や冷暗所が理想ですが、部屋で保存する場合は、化粧箱か新聞紙に巻くなどして蛍光灯の光が当たらないようにしましょう。

関連記事:
日本酒の保管で重要な3つのポイント|気を付けたい「光」と「温度」の管理
日本酒の火入れとは?|生酒・生詰め酒・生貯蔵酒の違いは火入れの「回数」

他の日本酒との違い|製法・精米歩合・醸造アルコールの有無で見分ける

一升瓶

こちらでは、本醸造酒と名前がよく似ている特別本醸造酒や、特定名称酒の中でも人気の高い純米酒・吟醸酒との違いについてご紹介します。

本醸造酒と特別本醸造酒の違い|精米歩合と製法に違いがある

本醸造酒と特別本醸造酒の違いは精米歩合

名前がよく似ている本醸造酒と特別本醸造酒ですが、違いは精米歩合と製法にあります。

本醸造酒と特別本醸造酒の精米歩合の比較

  • 本醸造酒   ⇒精米歩合70%以下
  • 特別本醸造酒 ⇒精米歩合60%以下

特別本醸造酒の精米歩合は60%以下で、本醸造酒よりもさらに磨いた酒米を使って酒造りを行っています。

そのため、本醸造酒と比べて雑味が少なく、さらにクリアな味わいに仕上がります。

なお、「特別な製法」とは特に決まりがあるわけではなく、蔵元の「こだわりの製法」によって醸造された純米酒は特別純米酒を名乗ることができます。

特別な製法の例

  1. 低温で長期発酵させる
  2. 醪(もろみ)を絞る際に「木槽しぼり」を採用する
  3. 無農薬や化学肥料の使用量を抑えて栽培した酒米を使用する

サケ丸

「特別な製法」は何が特別か、消費者に分かるようラベルに記載が必要だよ!

さやかちゃん

瓶ラベルに注目ですね♪

以下の記事では、特別本醸造酒のおすすめの商品を10本ご紹介していますので、ぜひご覧ください。

特別本醸造酒おすすめ10選 【特別本醸造酒おすすめ10選】料理との相性が良いスッキリ辛口な銘柄をご紹介!

本醸造酒と純米酒の違い|醸造アルコール添加の有無に違いがある

純米酒はお米の旨味とコクを味わえる

本醸造酒と純米酒の違いは、醸造アルコールの添加の有無です。

本醸造酒には醸造アルコールが添加されていることをご紹介しましたが、純米酒は「米・米麹・水」だけで造られた日本酒です。

そのため、純米酒は米の濃厚な旨味や深いコクを堪能することができます。

本醸造酒と純米酒の原料の比較

  • 本醸造酒 ⇒米 + 米麹 + 水 + 醸造アルコール
  • 純米酒  ⇒米 + 米麹 + 水

な以下の記事では、純米酒のおすすめの商品を10本ご紹介していますので、ぜひご覧ください。

純米酒おすすめ10選 【純米酒おすすめ10選】晩酌の定番!風味豊かな純米酒をピックアップ

本醸造酒と吟醸酒の違い|精米歩合と製法に違いがある

吟醸酒は果実や花などの甘い香りが特徴

本醸造酒と吟醸酒の違いは精米歩合と製法に違いがあります。

本醸造酒は精米歩合70%以下ですが、吟醸酒は精米歩合60%以下と定められており、また吟醸酒は低温で長期間発酵させて特有の吟醸香を有するように醸造する「吟醸造り」で醸造されています。

そのため、吟醸酒は「吟醸香」と呼ばれるフルーティーで豊かな香りと、雑味のない淡麗な味わいを楽しむことができます。

以下の記事では、吟醸酒のおすすめの商品を10本ご紹介していますので、ぜひご覧ください。

吟醸酒おすすめ10選 【吟醸酒おすすめ10選】女性や日本酒初心者に飲んでほしい吟醸酒をピックアップ

まとめ:肩肘張らず気軽に飲める本醸造酒は毎日の晩酌に最適

ルームウェアの女性

今回は、毎日の晩酌にピッタリな本醸造酒を10本ご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

本醸造酒は、米・米麹・水で造られた日本酒に醸造アルコールを加えた「アル添酒」です。

本醸造酒の3つの要件

  • お米・米麹・水・醸造アルコールを原料にしている
  • 醸造アルコールの添加量は米の総重量の10%以下
  • 精米歩合は70%以下

サケ丸

醸造アルコールは、主にサトウキビを発酵して造られた高濃度のアルコールで、体に悪いものではないよ。

本醸造酒のほかに醸造アルコールが入った日本酒は以下のとおりです。

醸造アルコールが入った日本酒

  • 吟醸酒
  • 大吟醸酒
  • 本醸造酒
  • 特別本醸造酒

本醸造酒は、純米酒のようなお米の旨味やコクを味わえるとともに、醸造アルコールによるスッキリとした辛口の飲み口が特徴です。

本醸造酒の香味の特徴

  • 香り  ⇒穏やかなお米の香り
  • 味わい ⇒スッキリとしたクセのない辛口な味わい

サケ丸

穏やかな香りとスッキリとした飲み口は、どんな料理にも合わせることができるんだよ!

本記事では、毎日の食事と共に味わってもらいたい本醸造酒のおすすめの10本をご紹介しましたので、是非参考にしてください。

本記事が、あなたにピッタリな日本酒が見つかる一助になりましたら幸いです。

それではまた!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です