にごり酒とは?|トロリとした口当たりと優しい甘みは若い女性に大人気!

氷で冷やしたにごり酒

「にごり酒」という日本酒をご存じでしょうか。

サケ丸

にごり酒は滓(おり)と呼ばれる酒粕成分をたくさん含んだお酒だよ!

さやかちゃん

「甘酒」や「どぶろく」のように白く濁ったお酒なんですね ♪

にごり酒は日本酒離れが叫ばれて久しい昨今にあって、「どぶろく」や「スパークリング日本酒」とともに、若い女性を中心に人気が高まっています。

トロリとした口当たりと優しい甘みが特徴のお酒で、日本酒になじみのない方にも抵抗なく飲んでいただける1本です。

どぶろくとよく似た甘酒とにごり酒

※クリックで拡大

そこで本記事では、最近人気の高まりを見せている「にごり酒」について、以下の2点を中心に解説いたします。

タイトル

  • 「にごり酒」はどのようなお酒なのか?
  • 「にごり酒」と「どぶろく」の違いとは?
  • 「にごり酒」の美味しい3つの飲み方

にごり酒のことを知れば、あなたのお気に入りの日本酒としてレパートリーが増えるかもしれませんので、ぜひ参考にしてください。

にごり酒とは|醪(もろみ)を粗く搾って滓(おり)を残したお酒

どぶろく

にごり酒は、醪を搾る上槽(じょうそう)の工程で通常よりも目の粗い酒袋で搾り、その後の「滓引き(おりびき)」や「濾過(ろか)」を行わずに瓶詰めされたお酒です。

そのため、醪の中で溶けきれなかったお米の粒が酒中に残り、白く濁った見た目のお酒になります。

醪(もろみ)とは?

酒母に「蒸し米・米麹・水」を3回に分けて仕込み(三段仕込み)、糖化とアルコール発酵させたもの。発酵が進むと3~4週間で醪が完成し、搾ることで日本酒が抽出されます。

なお、醪については、「醪(もろみ)とは?|三段仕込みは多量の日本酒を造る伝統技術」で詳しくご紹介していますので、合わせてご覧くださいませ。

上槽(じょうそう)とは?

酒袋に入れた醪を搾って液体(日本酒)と固形物(酒粕)に分離する作業のこと。酒税法の決まりで日本酒(清酒)を名乗るためには醪を濾す(こす)作業が必要になりますが、上槽ではこの「濾す」作業を行います。

なお、上槽については「上槽(じょうそう)とは?|搾り方(荒走り・中取り・責め)で変わる日本酒の味わい」で詳しく解説していますので、よろしければご覧くださいませ。

サケ丸

酒造業界では、酒中に残った細かなお米の粒のことを「滓(おり)」と呼んでいるよ!

さやかちゃん

にごり酒は、滓(おり)がお酒に含まれているから白く濁って見えるんですね ♪

滓引き(おりびき)と濾過(ろか)の工程で日本酒は無色透明になる

滓引きは樹叢後の白い浮遊物を取り除く工程

※クリックで拡大

「滓引き(おりびき)」とは、搾りたての酒中に浮遊している滓(おり)を10日ほど静置させ、上澄みの部分だけ別のタンクに移す工程のことです。

また、別のタンクに移された上澄みは、「濾過(ろか)」の工程で、フィルターや活性炭素を使って微細な滓(おり)や着色成分が取り除かれます。

このように、日本酒は「上槽 ⇒ 滓引き ⇒ 濾過」の3つの工程を経て、澄み切った透明感のあるお酒になるのです。

さやかちゃん

透明で清らかな日本酒にするために、手間ひまかけているんですね!

関連記事
滓引き(おりびき)とは|酒中に浮遊する滓(おり)は滓引きで取り除かれる
濾過(ろか)とは|日本酒の無色透明で淡麗な味わいは濾過により生まれる

滓(おり)は細かな酒粕|瓶の底にたまった滓は栄養を豊富に含んでいる

にごり酒は「滓引き(おりびき)」と「濾過(ろか)」を行っていないため、瓶の底に白い滓(おり)が沈殿しています。

この滓(おり)は、上槽の工程でわずかに残った細かな酒粕(おこめの粒)です。

酒粕は健康や美容効果があり注目されている

※クリックで拡大

酒粕には栄養成分が豊富に含まれていますので、健康維持や美容に以下のような効果が期待できます。

滓(酒粕)に含まれる栄養成分

  • アミノ酸
    ⇒体内でエネルギー源として使われる。筋肉痛や筋損傷、疲労回復に効果がある。
  • コウジ酸
    ⇒美白成分や黄ぐすみ防止成分を含んでいる。
  • 酵母
    ⇒腸内環境を整え、免疫力を高めてくれる。
  • オリゴ糖
    ⇒腸内のビフィズス菌を増やし便秘の解消に効果がある。

関連記事:酒粕は醪(もろみ)を搾ったあとの固形物!|酒粕の種類や保存方法について

にごり酒とどぶろくの違い|どぶろくは醪(もろみ)を瓶詰したお酒

どぶろくは醪をそのまま瓶詰めしたお酒

※クリックで拡大

にごり酒とどぶろくの違いは、上槽(じょうそう)と呼ばれる作業を行っているか否かにあります。

にごり酒とどぶろくの違い

  • にごり酒は、上槽の工程で醪(もろみ)を目の粗い酒袋で搾ったお酒で、酒税法では「清酒」に分類されます。
  • どぶろくは、醪をそのまま瓶詰めしたお酒で、上槽の工程を行っていません。そのため、どぶろくは酒税法では清酒ではなく「その他醸造酒」に分類されています。

酒税法の規定により、日本酒(清酒)と認められるためには、醪を濾す(こす)作業が必須となります。

上槽は醪を濾す(搾る)作業のことですが、上槽を行っていないどぶろくは日本酒(清酒)と認められないのです。

にごり酒とどぶろくの比較
区分 にごり酒 どぶろく
原料 蒸し米・米麹・水
酒税法上の分類 清酒 その他醸造酒
上槽の有無 あり なし

さやかちゃん

「どぶろく」は日本酒だと思ってました…、意外です (*_*)

関連記事:日本酒のどぶろくとは?|にごり酒・甘酒との違いや美容・健康効果を徹底解説

スポンサーリンク

にごり酒には2つ種類がある(火入れにごり酒・活性にごり酒)

火入れによって酒質は安定する

※クリックで拡大

日本酒は酒質を安定させて長期保存できるように「火入れ」と呼ばれる加熱殺菌を行いますが、日本酒の生の味わいを楽しんでもらえるように、あえて火入れをしていないお酒もあります。

日本酒の「火入れ」については、以下の記事で詳しく紹介しています。

激しく燃え上がる炎 日本酒の火入れとは?|生酒・生詰め酒・生貯蔵酒の違いは火入れの「回数」

にごり酒にも火入れをしている「火入れにごり酒」と、火入れをしていない「活性にごり酒」の2種類があり、お酒の風味や保存方法に違いがあります。

①火入れにごり酒|火入れを行っているため常温保存が可能

風味の特徴

火入れによってアルコールの角が取れて、まろやかな風味を楽しむことができます。

保存方法

「火入れにごり酒」は加熱殺菌により酵母の活動が止まっているため、酒質が安定しているお酒です。

そのため、開封前であれば日の当たらない涼しい場所で常温保存が可能です。

ただし、開封した場合は冷蔵保存が必要で、10日を目安にできるだけ早く飲み切るようにしてください。

火入れにごり酒の保管方法

  • 保管方法:常温保存
  • 賞味期限:6ヶ月(開封後はなるべく早く飲む)

さやかちゃん

常温保存できるのが嬉しいですね ♪

②活性にごり酒|火入れを行っていないため冷蔵保存が必須

風味の特徴

瓶内でアルコール発酵が進み炭酸ガスが酒中に溶け込むことで、シャンパンのような発泡感を楽しむことができます。

保存方法

「活性にごり酒」は火入れが行われていないため、酵母が生きた状態で瓶詰めされてます。酵母は温度が上がる活動が活発になりますので、酒質のバランスが崩れる恐れがあります。

そのため、未開封でも5℃以下の冷蔵庫での保存が必須となります。

ただし、開封した場合は、10日を目安にできるだけ早く飲み切るようにしましょう。

活性にごり酒の保管方法

  • 保管方法:常温保存
  • 賞味期限:3~4ヶ月(開封後はなるべく早く飲む)

サケ丸

「活性にごり酒」は強く降ると炭酸ガスとともに中身が噴き出る恐れがあるので、フタはゆっくり開けてね!

にごり酒の2つの味|①上層の上澄みだけ飲む②下層の滓を混ぜて飲む

ルームウェアの女性

にごり酒は、瓶の底に溜まっている滓(おり)をゆっくり傾けて混ぜて飲むのが一般的ですが、上澄みだけを飲むと違った味わいを楽しむことができます。

にごり酒の2つの味わい方

  1. 上澄みの部分だけ飲む
    ⇒スッキリとした中に米のコクと旨味を味わえる
  2. 上澄みと底の(おり)滓を混ぜて飲む
    ⇒滓のトロンとした口当たりとお米の濃厚な旨味を味わえる

このように、1本で2つの味わいを楽しくことができるのも、にごり酒の醍醐味と言えるでしょう

さやかちゃん

上澄みのスッキリした喉越しと滓のトロンとした濃厚な旨味。異なる2通りの飲み方を楽しめるなんて、嬉しいですね ♪

にごり酒を飲む温度|基本は冷酒で寒い冬は風味が膨らむお燗で飲む

日本酒の湯煎

常温(20℃)から花冷え(10℃)の冷酒で飲むことが多いにごり酒ですが、寒い冬はにごり酒のお燗をおすすめします。

温度は40~45℃の「ぬる燗」がベストで、少し温めることでとろみが増し、お米の自然な甘みと濃厚な旨味が引き立ちますので、ぜひお試しください。

【おすすめアレンジ3選】にごり酒の美味しい飲み方

にごり酒はとても濃厚な味わいのお酒ですので、アレンジ次第で違ったおいしさを楽しむことができます。

特に暑い夏は、氷を入れた「にごり酒ロック」や炭酸水で割った「にごり酒サワー」などはサッパリして清涼感を堪能できますので、ぜひお試しください。

アレンジ①:にごり酒ロック

どぶろくロック

にごり酒に天然水で作った大き目の氷を入れた「オンザ・ロック」は、暑い夏におすすめです。

時間の経過とともに氷が解けて程よくアルコール度数が下がりますので、まろやかで飲みやすくなります。また、にごり酒の濃厚な味わいも薄まり、スッキリとした飲み口になります。

サケ丸

天然水で造られた氷を使うと、にごり酒の風味を損なわずに美味しく飲めるよ!

アレンジ②:にごり酒サワー

炭酸水

サワーとは、スピリッツ(蒸留酒)に酸味のある果実系ジュースと炭酸水を入れたもので、口当たりがよく飲みやすいお酒です。

にごり酒は醸造酒でアルコール度数は蒸留酒ほど高くありませんが、味わいは濃厚なので炭酸水とジュースを入れてもバランスを崩すことはありません。

サケ丸

「どぶろく1:炭酸水2」の割合がサッパリして飲みやすいよ!

アレンジ③:にごり酒のミルク割り

牛乳

にごり酒のミルク割りは女性にとても人気のある飲み方です。

ミルクのコクと甘みににごり酒の酸味とお米の風味が加わり、絶妙なハーモニーを味わえます。

さやかちゃん

にごり酒のミルク割りは、カルーアミルクのような濃厚な味わいが特徴だよ ♪

「火入れにごり酒」と「活性にごり酒」は合わせる料理が異なる

グラタン

にごり酒に合う料理をご紹介します。ポイントは「火入れにごり酒」と「活性にごり酒」で相性の良い料理が異なる点にあります。

火入れにごり酒|チーズやグラタンなどの乳製品と相性が良い

火入れされているにごり酒は、濃厚な味わいが特徴ですので、チーズやグラタンなどの乳製品と相性がとても良いです。

また、にごり酒は旨味や酸味が強めのお酒ですので、鳥の唐揚げや魚の燻製など、コッテリとした料理や味がしっかりした料理にも負けない味わいを持っています。

火入れにごり酒と相性の良い料理
和風 中華 洋食
・タレの焼き鳥
・おでん
・肉じゃが
・塩辛
・餃子
・酢豚
・八宝菜
・焼豚
・ハンバーグ
・クリームシチュー
・グラタン
・ビーフステーキ

活性にごり酒|刺身や白身魚などあっさりした料理と相性が良い

活性にごり酒は、火入れがされていないフレッシュな味わいが特徴ですので、刺身や白身魚など素材の味を生かしたあっさりした料理や、少し酸味のあるサーモンマリネやお寿司などと相性が良いです。

活性にごり酒と相性の良い料理
和食 中華 洋食
・刺身
・そば
・寿司
・茶碗蒸
・かに玉
・シュウマイ
・小籠包
・ロールキャベツ
・プレーンオムレツ
・スモークサーモン

にごり酒の製造年月日に注目|製造年月日が若いものを選ぼう!

日本酒には賞味期限は記載されていない

※クリックで拡大

日本酒のラベルに表示されている製造年月日は、瓶詰めした日を表しています。

にごり酒は、滓(おり)が多く含まれていますので、日光(紫外線)や時間の経過とともに味が変わりやすいお酒です。

酒蔵や酒造メーカーは、にごり酒が一番飲み頃のときに瓶詰めして出荷していますので、購入するときは製造年月日の若いもの(瓶詰めからあまり日が経っていないもの)を選ぶようにしましょう。

MEMO
日本酒はアルコールが含まれているため、すぐに腐ることはありません。そのため、日本酒のラベルには賞味期限の表示義務がなく、製造年月日のみ表示されています。

まとめ

今回はにごり酒についてご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか。にごり酒は、細かな酒粕が入っているお酒ですので、お米の濃厚な旨味やコクが味わえますし、酒粕の豊富な栄養成分が豊富に含まれていますので、栄養ドリングの代わりに飲む方もいるんですよ。

にごり酒の飲み方といて、「にごり酒ロック」や「にごり酒サワー」、「にごり酒のミルク割り」などご紹介しましたが、その他にいろいろな食材と組み合わせて、自分にピッタリな味を見つけるのも楽しいかもしれませんね。

  • にごり酒は、醪(もろみ)を搾る上槽のときに、通常よりも目の荒い酒袋で粗く搾り、その後の滓引きや濾過を行わずに瓶詰めされたお酒です。
  • にごり酒の瓶の下に沈殿している滓の正体は上槽の際にわずかに残った酒粕で、とても栄養分が豊富です。
  • にごり酒は、火入れを行っている「火入れにごり酒」と、火入れを行っていない「活性にごり酒」の2種類があり、風味や保存方法に違いがある。
  • 「火入れにごり酒」は、加熱殺菌により酒質が安定しているため、常温保存が可能
  • 「活性にごり酒」は、酵母が生きたまま瓶詰めされていてアルコール発酵が継続しているため、冷蔵保存が必須となる。
  • にごり酒は滓(おり)が多く含まれていて時間の経過により酒質が変化しやすいため、購入する際は製造年月日の若いものを選ぶようにしましょう。
  • 酒税法では、にごり酒は上槽の際に醪を目の細かい酒袋で搾っているため「清酒」、どぶろくは醪を搾らずそのまま瓶詰めしているため「その他醸造酒」にそれぞれ区分されています。
  • にごり酒は、一般的には瓶の底にたまっている滓を傾けて混ぜて飲むのが一般的ですが、上澄みと滓を別々に飲むと違った味わいを楽しむことができる。
  • にごり酒は、にごり酒ロックにごり酒サワーにごり酒のミルク割りなど、アレンジして楽しむことができる。
  • 「火入れにごり酒」は濃厚な味わいが特徴なため、チーズやグラタンなどの乳製品と相性が良い。
  • 「活性にごり酒」は火入れがされていないフレッシュな味わいが特徴なため、刺身や白身魚などあっさりした料理や、酸味のあるサーモンマリネやお寿司などと相性が良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です