【日本酒の冷酒】全3種類をご紹介|冷酒の「呼び名」「味わい」は温度によって変わる

冷やした日本酒

さやかちゃん

私が日本酒を好きになったキッカケは冷酒なんですよ ♪

サケ丸

冷酒はスッキリしていて飲みやすいから、日本酒にあまり馴染みのない方にもおすすめだよ!

暑い夏、カラカラに乾いた喉にキンキンに冷やした日本酒の冷酒はいかがでしょうか。

適度に冷やされた冷酒は、香りが適度に抑えられてスッキリとした爽やかな喉ごしになり、清涼感をたっぷりと味わうことができます。一方、日本酒は冷やし過ぎると味わいのバランスが崩れてしまうこともある繊細なお酒なんです。

そんな日本酒の冷酒ですが、温度に応じて3つの呼び名があることをご存知でしょうか。

  • 雪冷え(ゆきびえ):5℃程度(氷水くらいの温度)
  • 花冷え(はなびえ):10℃程度(冷蔵庫で冷やしたくらいの温度)
  • 涼冷え(すずびえ):15℃程度(冷蔵庫から出して少し経過したくらいの温度)

日本酒は、飲む温度が5℃変わるだけで味や香りが変化するお酒で、冷酒もどのくらい冷やすのかによって口に含んだときの印象がガラリと変わります。

そこで本記事では冷酒の3つの呼名やその香りや味わいの変化、温度別のオススメの日本酒タイプについてご紹介します。

【冷酒の3つの呼び名】温度に応じて変わる香味の特徴

冷たく冷やした日本酒冷

冷酒には、温度によって「雪冷え(ゆきびえ)」「花冷え(はなびえ)」「涼冷え(すずびえ)」3つの呼名があります。

日本酒は、温度が低くなると香りが閉じて、味わいはスッキリ淡麗になる性質があります。また、同じ銘柄でも温度が違うだけで香りや味わいがガラリと変化します。最初はいろんな温度で飲み比べて、自分にピッタリの温度を見付けてください。

冷酒の呼び名と温度帯
冷酒の呼び名 温度帯 香味の特徴
雪冷え(ゆきびえ) 5℃程度(氷水くらいの温度) 香りや味わいが感じにくい
花冷え(はなびえ) 10℃程度(冷蔵庫で冷やしたくら
いの温度)
香りが小さくなり喉越しがよくなる
涼冷え(すずびえ) 15℃程度(冷蔵庫から出して少し経過したくらいの温度) 華やかな香りやとろみのある味わい
がある

サケ丸

日本酒に馴染みのな方は、サッパリとした冷酒から飲み始めることをオススメします!

【冷酒の温度別】おすすめの日本酒タイプ

日本酒を見つめる女性

日本酒はタイプによって香りが強いものや味が濃いもの、辛口や甘口などさまざまです。以下では、日本酒を冷酒で楽しむためのオススメの日本酒タイプを、温度別でご紹介します。

冷酒の呼び名とおすすめの日本酒
冷酒の呼び名 温度 おすすめの日本酒タイプ
雪冷え(ゆきびえ) 5℃程度 生酒、生貯蔵酒、吟醸酒
花冷え(はなびえ) 10℃程度 生酒、生貯蔵酒、吟醸酒、本醸造酒、活性にごり酒
涼冷え(すずびえ) 15℃程度 大吟醸酒、純米大吟醸酒

雪冷え(5℃):生酒・生貯蔵酒・吟醸酒

  • 目安:瓶に結露ができて、冷気が見える。
  • 味わい:香りがあまり感じられず、味わいも感じにくくなる。
  • おすすめの日本酒タイプ:生酒生貯蔵酒吟醸酒

さやかちゃん

日本酒を雪冷えまで冷やすと、味も香りも感じにくくなりますね……。

花冷え(10℃):生酒・生貯蔵酒・本醸造酒・吟醸酒

  • 目安:冷蔵庫で数時間冷やした頃で、瓶に触ると冷たさを感じる。
  • 味わい:香りが小さくなり、きめ細かくまとまりのある味わいになる。
  • おすすめの日本酒タイプ:生酒生貯蔵酒本醸造酒吟醸酒

サケ丸

酸味や苦味が少ない生酒は、強く冷やしても味わいのバランスが崩れないんだ!

涼冷え(15℃):大吟醸酒・純米大吟醸酒

  • 目安:冷蔵庫から出して10分程度経った頃で、瓶を持つとはっきりとした冷たさを感じる。
  • 味わい:華やかな香りが感じられ、とろみのある味わいを楽しむことができる。
  • おすすめの日本酒タイプ:大吟醸酒純米大吟醸酒

サケ丸

原料の酒米を50%以上削って造られた大吟醸酒や純米大吟醸酒は、フルーティーな香りと味わいで喉ごしもスッキリ爽やか ♪ 高価ですが、一度は冷酒で味わってほしい銘柄なんだ!

スポンサーリンク

日本酒を冷やす3つの方法

日本酒の冷やし方について、本記事では「冷蔵庫で冷やす」「氷水で冷やす」「日本酒ロック」の3つをご紹介します。

方法①:【冷たさ長持ち】氷水で冷やす(15分~30分)

氷冷クーラー

(画像:ワインクーラー)

氷冷クーラーにたっぷりの氷と水を入れます。その中に日本酒を瓶ごと入れると、氷水によって急激に冷やされます。

およそ1分で1℃程度下がりますので、冷蔵庫よりも早く日本酒を冷やすことができます。また、氷水に大さじ2杯の塩を入れると、クーラーの中の温度がさらに低下して、日本酒を素早く冷やすことができます。

方法②:【素早く冷やせる】冷蔵庫で冷やす(2~3時間)

冷蔵室

冷酒を作る方法として、日本酒の瓶を冷蔵庫で冷やす方法が最も簡単です。また、日本酒の瓶ごと冷やすため、冷蔵庫から出しても冷たさが長持ちするメリットがあります。

ただ、雪冷えの5℃まで冷やしたい場合は、冷蔵庫で2~3時間程度冷やす必要がありますので、すぐに飲みたい場合は適していません。

方法③:【サッパリ飲める】氷を入れたグラスに日本酒を注ぐ(2~3分)

日本酒ロック

大きめの氷を入れたグラスに日本酒を注ぐことで、素早く冷やすことができます。また、時間とともに氷が溶けだしてアルコール度数が低下しますので、サッパリと飲みやすくなるメリットがあります。

「日本酒が薄まるのがイヤ!」という方は、ステンレス製の氷を使うこと味が薄くなることはありません。

サケ丸

オンザロックで使う氷は天然水で作られたものを使うと、日本酒の味わいを崩さずにおいしく飲めるよ!

関連記事:日本酒の冷酒の作り方|3つの方法とおすすめの日本酒タイプ

【温度管理が重要】日本酒を冷やし過ぎると薄い味わいになる

温度によって変わる日本酒の味や香り

※クリックで拡大

日本酒は冷やすと香りが抑えられてスッキリとした味わいになる性質があるため、冷やしすぎると香りや味があまり感じられない水のような味わいの薄いお酒になってしまいます。

そのため、冷やすときは「雪冷え」の5℃を下回らないようにしましょう。

さやかちゃん

冷酒は口当たりが良いので飲み過ぎには注意しましょう!

まとめ

暑い夏にピッタリな日本酒の冷酒は、温度帯によって3種類の呼び名があることをご紹介しました。
日本酒は、冷やすほどに香りが閉じてサッパリとした味わいになりますので、いろんな温度で冷やしてみて、自分にピッタリな味をを見つけてください。

  • 冷酒には雪冷え(5℃)花冷え(10℃)涼冷え(15℃)の3つの呼名がある。
  • 日本酒のタイプによっては、冷やしすぎると味わいや香りのバランスを崩す場合がある。
  • 雪冷え(5℃)にオススメな日本酒:生酒生貯蔵酒吟醸酒
  • 花冷え(10℃)にオススメな日本酒:生酒生貯蔵酒本醸造酒吟醸酒
  • 涼冷え(15℃)にオススメな日本酒:大吟醸酒吟醸酒
  • 日本酒の冷やし方は「冷蔵庫で冷やす」「氷水で冷やす」「日本酒ロック」の3つがあり、「氷水で冷やす」方法が味わいも香りもピントが合ったおいしい冷酒になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です