【特別本醸造酒おすすめ10選】料理との相性が良いスッキリ辛口な銘柄をご紹介!

特別本醸造酒おすすめ10選

本醸造酒は純米酒に醸造アルコールが入ったお酒で、スッキリとした辛口の味わいが特徴です。

また、比較的リーズナブル化価格設定であるため、日本酒通に晩酌酒として長年愛されてきました。

そんな本醸造酒についておすすめの10本を以下の記事でご紹介していますので、まだご覧になられていない方は、ぜひチェックしてくださいね。

本醸造酒おすすめ10選 【本醸造酒おすすめ10選】晩酌にピッタリ!安くて美味しい辛口銘柄をピックアップ

サケ丸

今回ご紹介する特別本醸造酒は、本醸造酒よりもさらに透明感のある味わいや、蔵元自慢の製造法で造られた「特別な本醸造酒」だよ!

さやかちゃん

本醸造酒をさらにグレードアップさせたお酒ということですね!

特別本醸造酒は本醸造酒をグレードアップさせたお酒

特別本醸造酒は本醸造酒よりも磨き上げた精米歩合60%以下の米を使用しているため、透明感のあるスッキリとした味わいが特徴です。

また、特別な製法で造られた特別本醸造酒は、まるで吟醸酒のようなフルーティーな吟醸香を放つものもあります。

さやかちゃん

本醸造酒の特徴を受け継ぎながら、さらに個性をプラスしたお酒が特別本醸造酒なんですね!飲んでみたいです(^^♪

そこで本記事では、誰が飲んでも美味しくいただける香味のバランスに優れた銘柄を中心に、おすすめの10本ご紹介します。

特別本醸造酒は、日本酒を始めて飲む方や、食事とのペアリングを重視される女性の方に特におすすめの日本酒ですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

本記事でお伝えすること

  1. 特別本醸造酒のおすすめ10選
  2. 特別本醸造酒の味や香りの特徴
  3. 特別本醸造酒の美味しい飲み方
  4. 特別本醸造酒の保存方法

目次

特別本醸造酒とは|精米歩合60%以下か特別な製法で造られた本醸造酒

お米と稲穂

本醸造酒は「米(精米歩合70%以下)・米麹・水・醸造アルコール」を原料にして造られた日本酒ですが、以下の2つの要件のどちらかを満たすと特別本醸造酒を名乗ることができます。

特別純米酒の2つの要件

  1. 精米歩合60%以下であること
  2. 特別な製法で造られていること

関連記事:本醸造酒とはどんな日本酒?|純米酒との違いや美味しい飲み方をご紹介

精米歩合60%以下であること|雑味のないクリアな味わいになる

特別本醸造酒は精米歩合60%以下の米で造られた本醸造酒

精米歩合60%以下に精米したお米で本醸造酒を造ると、特別本醸造酒を名乗ることができます。

「精米歩合60以下」を要件にしている日本酒

  • 吟醸酒(米 + 米麹 + 水 + 醸造アルコール)
  • 特別純米酒(米 + 米麹 + 水)
  • 特別本醸造酒(米 + 米麹 + 水)

サケ丸

精米歩合60%ということは、「吟醸酒」や「純米吟醸酒」なみにお米を磨くということだよ!

さやかちゃん

なるほど!それは確かに「特別」ですね

特別な製法で造られていること|蔵元こだわりの個性的な酒になる

特別本醸造酒は特別な製法で造られたお酒

「特別な製法」とは特に決まりがあるわけではなく、蔵元の「こだわりの製法」によって醸造されていれば特別純米酒を名乗ることができます。

特別な製法の例

  1. 低温で長期発酵させる
  2. 醪(もろみ)を絞る際に「木槽しぼり」を採用する
  3. 無農薬や化学肥料の使用量を抑えて栽培した酒米を使用する

サケ丸

「特別な製法」は何が特別か、消費者に分かるようラベルに記載が必要だよ!

さやかちゃん

瓶ラベルに注目ですね ♪

関連記事:日本酒のラベルの見方|ラベルはあなた好みの1本を選ぶヒントがある!

特別本醸造酒の味わい|透明感のあるスッキリとした味わいが特徴

升と日本酒

精米歩合60%以下まで磨くことで雑味が少ない

特別本醸造酒は、原料のお米を精米歩合60%まで丹念に磨き上げています。

米は磨けば磨くほど雑味成分のタンパク質や脂質が少なくなりますので、特別本醸造酒は本醸造酒よりも雑味のないキレイな味わいのものが多いです。

サケ丸

手間を掛けて精米している分、特別本醸造酒はお値段が高めだよ。

醸造アルコールを加えることで辛口でスッキリとした味わいになる

また、特別本醸造酒には本醸造酒と同様に醸造アルコールが入っています。そのため、辛口でスッキリとした味わいのお酒に仕上がります。

主にサトウキビで造られた高濃度のアルコール。醸造アルコール自体に味や香りはなく、日本酒に入れることによってクリアな味わいになり、香りが引き立つ効果があります。

なお、醸造アルコールの詳細は、「酔いや頭痛は醸造アルコールが原因?|日本酒に醸造アルコールを入れる3つの理由」でもご紹介していますので、あわせてご覧くださいませ。

サケ丸

特別本醸造酒に加える醸造アルコールは、どちらかと言うと「味わいの調整」を目的として使われているんだよ!

スポンサーリンク

特別本醸造酒の香り|穏やかなお米の香りが特徴

稲とモミ

特別本醸造酒と原料が同じ吟醸酒は「吟醸造り」と呼ばれる製法で造られるお酒で、フルーティーで華やかな香りが特徴です。

一方、特別本醸造酒は吟醸酒と比べて香りは控えめで、わずかに果実やお米の爽やかな香りを感じることができます。

さやかちゃん

香りを楽しむ料理には特別本醸造酒がピッタリですね ♪

以下の記事では、フルーティーな香りが特徴の吟醸酒おすすめの10選をご紹介していますので、併せてご覧くださいませ。

吟醸酒おすすめ10選 【吟醸酒おすすめ10選】女性や日本酒初心者に飲んでほしい吟醸酒をピックアップ

特別本醸造酒のおすすめ10選|香味のバランスに優れた銘柄をピックアップ

さとうきび畑

ここでは、特別本醸造酒のおすすめ10選をご紹介します。

蔵元のこだわりの製法で造られた特別本醸造酒は、特別な記念日や大切な人への贈答品としてもピッタリなお酒です。

そこで、誰が飲んでも美味しくいただける香味のバランスに優れた銘柄を10本ピックアップしましたので、購入の際の参考にご覧ください。

①立山 特別本醸造(富山県)

醇酒(コクのあるお酒)
スイスイと杯が進む!上品でクリアな口当たりと米の旨味を併せ持つお酒
北陸を代表する銘醸蔵「立山」が醸す特別本醸造酒です。このお酒は、キレの良い爽快な後口と、程よいお米のコク・旨味があり、上級晩酌酒として高い評価を受けています。清流庄川の伏流水と山田錦・五百万石・出羽燦々を用いて造られたクセのないクリアで辛口な味わいは、スイスイと杯が進んでしまいますので、飲み過ぎにはご注意を!
魚の刺身や湯豆腐など渦足の和食を高相性で、冷酒からぬる燗まで美味しくいただくことができます。
酒米 山田錦・五百万石・出羽燦々
精米歩合 ★59%
日本酒度 +4.5
酸度 1.3
味わい 辛口
飲み方 冷酒・常温・ぬる燗

②酔鯨 特別本醸造(高知県)

醇酒(コクのあるお酒)
料理の味わいを引き立てるスッキリとした辛口の味わい
酒造用に造られた一般米を吟醸酒並みの精米歩合55%まで丹念に磨き上げて造られた特別本醸造酒です。酒母造りで使われる酵母は酔鯨伝統の熊本酵母(KA-1)を用い、フルーティーな吟醸香が何とも心地よいですまた、鏡川源流域の湧き水でじっくりと醸した味わいは、特別本醸造酒の特徴でもあるスッキリとした辛口の味に仕上がっています。冷酒からぬる燗まで幅広い温度帯で飲むことができますので、さまざまな料理と一緒にお召し上がりください。
酒米 酒造用一般米(国産)
精米歩合 55%
日本酒度 +5.2
酸度 1.3
味わい 辛口
飲み方 冷酒・常温・ぬる燗

③夜明け前 辰の吟 特別本醸造(長野県)

醇酒(コクのあるお酒)
山田錦を100%使用!果実の香りとキレと旨みを兼ね揃えた信州の地酒
長野県出身の小説家 島崎藤村の小説「夜明け前」を酒名にする信州の人気の特別本醸造酒です。「辰の吟 生」は、火入れをしていない生酒で、一般的な本醸造酒と比べてフルーティーな香りを楽しむことができます。山田錦を100%使用していながらも比較的リーズナブルなため、香りを生かした食前・食後酒におすすめの1本です。
全国新酒鑑評会で金賞を何度も受賞しており、品評会でも高い評価を受けています。
酒米 山田錦
精米歩合 60%
日本酒度 +2.0
酸度 1.3
味わい 辛口
飲み方 冷酒・常温・ぬる燗

④喜久泉 吟冠 吟醸造(青森県)

醇酒(コクのあるお酒)
果実のような吟醸香と米の旨味を同時に味わえる青森を代表する銘柄
銘酒「田酒」を醸す西田酒造店の特別本醸造酒です。酒造好適米「華吹雪」を精米歩合60%使用し、「田酒」同様に蓋麹製法で丹念に造られた味わいは、ほんのりと薫るフルーティーな吟醸香と、お米のふくよかな旨味を同時に味わうことができます。特別本醸造酒特有のキレのある辛口の味わいは健在で、毎日の晩酌酒としてお楽しみいただけます。温度は、このお酒の香りと味わいが最も引き立つ常温(20~25度℃)が最もおすすめです
酒米 華吹雪
精米歩合 60%
日本酒度 +2.0
酸度 1.4
味わい 甘口
飲み方 常温

⑤磯自慢 特別本醸造 山田錦 生原酒(静岡県)

醇酒(コクのあるお酒)
大吟醸酒を思わせる上品な甘みとフルーティーな香りが特徴の生原酒
酒造好適米の山田錦を精米歩合55%と大吟醸酒クラスまで磨いた生原酒タイプの特別本醸造酒です。南アルプスの名水を使って低温でじっくり仕込んでいますので、バナナや桃のようなほのかな甘みとフルーティーな香りがします。「これが本醸造酒?」と思わせる上品な口当たりをぜひ堪能してください。
なお、こちらのお酒は火入れや加水がされていない生原酒ですのでアルコール度数は18.5度と若干高め。飲み口がとても軽快でついつい飲み過ぎてしまいますので、「和らぎ水」を交互に飲むことをおすすめします。
酒米 山田錦
精米歩合 55%
日本酒度 +6.0
酸度 1.2
味わい やや辛口
飲み方 冷酒・常温・ぬる燗

⑥嘉宝蔵 極上(兵庫県)

醇酒(コクのあるお酒)
山田錦100%で造られた菊正宗の極上の特別本醸造酒
酒米の王様と称される山田錦を100%使用して伝統の「生酛造り」で丁寧に造られた極上のお酒です。山田錦特有の上品なお米の香りと、生酛造りだから出せる酸味とスッキリとしたキレのある後口は、まさに「菊正宗の銘酒」と呼ぶにふさわしい出来栄えです。
冷酒からお燗酒まで幅広い温度帯で楽しめますので、食中酒として料理とのペアリングをお楽しみください。
酒米 山田錦
精米歩合 70%
日本酒度 +4.5
酸度
味わい 超辛口
飲み方 冷酒・常温・ぬる燗・熱燗

⑦国稀特別本醸造 千石場所(北海道)

醇酒(コクのあるお酒)
日本最北の酒蔵で醸されたスッキリ辛口な特別本醸造酒
厳寒の北海道増毛山地の暑寒別岳から湧出る清らかな伏流水と、酒造好適米「五百万石」で醸した特別本醸造酒です。南部杜氏の伝統の技で手間ひまかけて造られた味わいは、豊かな含み香と後味スッキリな辛口の日本酒に仕上げています。
全国燗酒コンテストで金賞を受賞するなど、実力のある1本です。
酒米 五百万石
精米歩合 60%
日本酒度 +6.0
酸度 1.5
味わい 辛口
飲み方 冷酒・常温・ぬる燗・熱燗

⑧勝駒本仕込 特別本醸造(富山県)

醇酒(コクのあるお酒)
5人の蔵人が丹精込めて造る富山の幻の銘酒
清都酒造場は1906年(明治39年)創業した老舗の酒蔵。初代の清都慶介氏が日露戦争から帰還した際に開業し、戦勝を記念して「勝駒」と命名されました。5人の蔵人が丹精込めて造るこちらのお酒は、量産が難しいため幻の銘酒として知られています。
飲み口はスッキリ爽やか。わずかに甘味と酸味を伴い、後味はスッと切れていく辛味が印象的です。ぬる燗でいただくとお米の風味がふくらみますので、おすすめです。
酒米 富山県産五百万石55%
精米歩合 55
日本酒度 +5.0
酸度 1.3
味わい 辛口
飲み方 冷酒・常温・ぬる燗

⑨久保田 百寿(新潟県)

醇酒(コクのあるお酒)
久保田シリーズの基本形!飲み飽きない上品な香味が人気の秘密
「朝日酒造 久保田 特別本醸造 千寿 」は久保田シリーの基本形に位置するお酒です。穏やかな香りとスッキリとした辛口の味わいのお酒で、決して飲み飽きることがありません。料理の香りを邪魔することがありませんので、食中酒として素材の香味を引き立ててくれます。
酒米 五百万石
精米歩合 55%
日本酒度 +6.0
酸度 1.0
味わい 中辛口
飲み方 冷酒

⑩八海山 特別本醸造(新潟県)

醇酒(コクのあるお酒)
柔らかい口当たりと端麗な味わいは「新潟淡麗」を代表する地酒
新潟を代表する八海山が手掛ける本醸造酒は、精米歩合55%まで丹念に磨きこんだ酒米を吟醸造りで造られたハイレベルな日本酒です。雑味のないクリアな味わいは、日本酒を始めて飲む方にもお勧めしたい1本です。端麗な味わいから、素材の風味を生かした渦足の和食と高相性です。冷酒にすると爽快感が増し、お燗にするとお米の旨味が引き立ちますので、季節を問わず楽しむことができます。
酒米 五百万石、トドロキワセなど
精米歩合 55%
日本酒度 +4.0
酸度 1.0
味わい 淡麗辛口
飲み方 冷酒・常温・ぬる燗・熱燗

特別本醸造酒の選び方|3つのポイントをご紹介します!

京都と着物美女

毎日の晩酌酒から贈答品まで、オールマイティといってもいいほど幅広い用途を持つ特別本醸造酒は、全国の酒蔵から自慢の銘柄が数多く販売されています。

ただ、酒販売店でずらりと並んだ商品の中から自分好みの1本を見つけ出すのはなかなか難しいですよね。

そこで、日本酒を選ぶ際のポイントを3つご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

①原料の米で選ぶ|コメの品種や生産地でお酒の風味が変わる

酒造好適米の品種と主な産地

※クリックで拡大

特別本醸造酒の原料で使われているお米は、日本酒造りのために品種改良された「酒造好適米」が使われていることが多いです。

酒造好適米の品種によって日本酒の風味はガラリと変わります。日本酒を購入する際は、ぜひお米にも注目してみてください。

◆山田錦(やまだにしき)

山田錦は「酒米の王様」と呼ばれるほど有名な酒米です。山田錦を使って造られた日本酒は、香りが高く繊細でスッキリとした味わいが特徴です。

◆雄町(おまち)

雄町は慶応2年にはすでに栽培されていた日本最古の酒米です。雄町で造られた日本酒は、コクのある味わいと甘味と酸味のバランスに優れた日本酒に仕上がります。

◆五百万石(ごひゃくまんごく)

五百万石は、山田錦と並んで2大巨頭として君臨する有名な酒米です。味わいは淡麗でスッキリとした辛口のタイプの日本酒に仕上がるのが特徴で、新潟の端麗辛口の一端を担っています。

◆美山錦(みやまにしき)

美山錦は長野県を代表的な産地とする品種で、昭和53年に長野県農業試験場で突然変異によって生まれた比較的新しい酒米です。美山錦で造られた日本酒は、五百万石に近いスッキリとした軽快な味わいが特徴です。

さやかちゃん

酒米の品種によって、日本酒の味や香りの傾向が分かるんですね♪

関連記事:
酒造りに特化した酒造好適米(酒米)とは?|酒米の持つ4つの性質
【山田錦・五百万石・美山錦】は日本酒の風味が違う!|生産地で変わる酒米の特徴とは?

②甘口・辛口で選ぶ|日本酒度と酸度でお酒の甘辛が分かる

辛口?甘口?日本酒の味わいを見分ける方法

日本酒の甘口・辛口は、酒中に含まれる「日本酒度」「酸度」「アミノ酸度」によってある程度判断することができます。

特に日本酒度と酸度のバランスで日本酒の味わいが決ると言われています

一般的に辛口タイプが多い本醸造酒ですが、中には辛味を抑えてほんのり甘味をともなう飲み口のものもありますので、瓶ラベルに記載されている数値をチェックしてみてください。

日本酒度|糖分の含有量を表す指標(甘口/辛口)

日本酒度は、酒中にどのくらい「糖分」が含まれているかを示す指標で、日本酒の甘辛を判断する上で最も重要な指標です。

糖分が多ければマイナスで甘口の味わいになり、反対に糖分が少なければプラスでスッキリとした辛口の日本酒になります。

日本酒度による味わいの変化
+6.0以上 +3.5~+5.9 +1.5~+3.4 -1.4~+1.4 -1.5~-3.4 -3.5~-5.9 -6.0以上
大辛口 辛口 やや辛口 普通 やや甘口 甘口 大甘口

さやかちゃん

辛口」というのは「糖分が少ない」という意味だったんですね!

酸度|酸の含有量を表す指標(濃い/薄い)

酸度は、酒中に含まれる酸(コハク酸、クエン酸、リンゴ酸、乳酸)の量を示す指標で、日本酒にキレを与える効果があります。

日本酒度が同じであれば酸度が高いほうが辛口、低いほうが甘口に感じられます。

酸度による味わいの変化
1.6以下 1.6~1.8 1.8~2.4 2.4以上
少し薄い 普通 少し濃い かなり濃い

サケ丸

酸味がしっかりしていれば糖度が高くなっても辛口に感じるんだ!

アミノ酸度|アミノ酸の含有量を表す指標(濃厚/淡麗)

アミノ酸度は、酒中に含まれるアミノ酸の量を示す指標で、日本酒に旨味やコクを生み出す高価があります。

日本酒度が同じであれば、アミノ酸度が高いほうが甘口、低いほうが辛口の味わいになります。

アミノ酸度による味わいの変化
1.0未満 1.0~2.0 2.0を超える
淡麗 一般的 濃厚

◆日本酒度と酸度|両者のバランスから甘口・辛口を見極める

日本酒の甘口・辛口、濃厚・淡麗などの味わいは、日本酒度と酸度のバランスによって決まります。

そこで、日本酒度と酸度の値によって味わいがどのように変わるのか図にしましたので、日本酒選びの参考にしてください。

酸度と日本酒度の関係

※クリックで拡大

関連記事:日本酒の甘口・辛口の違いとは?|日本酒度・酸度・アミノ酸度と味わいの関係

③精米歩合で選ぶ|精米歩合の値からでスッキリ感や濃厚感が分かる

米は磨けば磨くほど淡麗でスッキリしたお酒になる

精米歩合とは、お米の表面を削って残った酒米の割合をパーセンテージ(%)で表したものです。

例えば、精米歩合60%はお米を削ってもとの60%にした状態で、削られた部分(ぬか)は40%ということになります。

お米を削る作業は職人の高い技術が必要とされ、精米歩合の数値が低いほど高級酒に使われます。

精米歩合と日本酒の味わいには以下のような関係かあります。

精米歩合と日本酒の香味の関係

  • 精米歩合の値が低い(お米をたくさん削っている)
    ⇒淡麗でスッキリとした雑味のない味わい
  • 精米歩合の値が高い(お米をあまり削っていない)
    ⇒濃厚で深みのある味わい

サケ丸

精米歩合の値が低くなるほど香りが豊かでスッキリした味わいになるよ!

さやかちゃん

その分、お米の旨味やコクは薄れてしまうんですね。

関連記事:精米歩合とはお米の削り具合を示す指標|精米歩合で変わる日本酒の味わいとは?

特別本醸造酒のおいしい飲み方|幅広い温度帯と食事に合わせられる

白身魚と冷酒

お米の旨味を感じながらもスッキリとした辛口の味わいが特徴の特別本醸造酒は、冷酒からお燗酒まで幅広い温度帯で楽しむことができます。

また、控えめな香りは素材の風味を邪魔することがりませんので、和食はもちろん洋食、中華などのさまざまな料理と相性が良いのも魅力のひとつです。

そこで以下では、特別本醸造酒を美味しく飲むためのおすすめの温度と相性の良い料理についてご紹介します。

飲むときの温度|常温(20℃)~ぬる燗(40℃)がおすすめ

お燗酒の温度と「香りと味わい」の変化
お燗の呼び名 温度 (徳利の温度) 香りと味わい
ぬる燗(ぬるかん) 40~45℃(やや温かい) 香りの輪郭がはっきり感じられる
人肌燗(ひとはだかん) 35~40℃(ほんのり温かい) 味わいが膨らみはじめる
日向燗(ひなたかん) 30~35℃(温度を感じない) ほんのり香味が感じられる
常温(じょうおん) 20~25℃(温度を感じない) お酒本来の香味が感じられる

純米酒と同様にお燗酒のメージが強い特別本醸造酒ですが、実は冷酒から熱燗まで、幅広い温度帯で楽しむことができます。

幅広い温度帯で楽しめる「純米酒」

  • 冷やした特別本醸造酒:10℃~15℃前後(花冷え~涼冷え)
    ⇒スッキリとしたキレのある味わいが引き立ち軽快な喉越しになる
  • 温めた特別本醸造酒: 30℃~40℃前後(日向燗~ぬる燗)
    ⇒お米の香りと味が膨らみ旨味やコクを楽しむことができる

さまざまな温度帯で楽しめる本醸造酒ですが、特徴でもあるスッキリとしたキレのある味わいを楽しむのなら常温(20℃)~ぬる燗(40℃)の温度帯をおすすめします。

サケ丸

日本酒は温度が高くなると辛くなる傾向があるので、温め過ぎには注意してね!

関連記事
お燗酒の作り方|湯煎と電子レンジによる日本酒の温め方のコツとは?
【日本酒の冷酒】全3種類をご紹介|冷酒の「呼び名」「味わい」は温度によって変わる

相性の良い料理|素材の味を生かした薄味の料理と相性が良い

特別本醸造酒と相性の良い料理
和食 中華 洋食
・刺身
・そば
・寿司
・魚の塩焼き
・かに玉
・シュウマイ
・小籠包
・春巻き
・ロールキャベツ
・プレーンオムレツ
・スモークサーモン

本醸造酒と比べてよく磨いた酒米で造られている特別本醸造酒は、上品で透明感のある味わいが特徴です。

そのため、相性の良い料理は味の濃い料理よりも素材の味を生かした薄味の料理とよく合います。

また、特別本醸造酒の中には「吟醸酒」のようなフルーティーな香りを発するものもありますので、食前・食後酒としてお酒単体の香味をお楽しみください

さやかちゃん

サッパリとした辛口の特別本醸造酒は「白ワイン」のように白っぽい見た目の料理と合わせると失敗しにくいよ!

特別本醸造酒の保存方法|日の光と温度変化に注意が必要

床下収納

特別本醸造酒は、「火入れ」という低温殺菌を貯蔵タンクに入れる直前に1回、出荷前の瓶詰めの直前の1回の合計2回行われています。

そのため、瓶内の酵母や酵素の活動がストップしていて酒質が安定していますので、常温保存することができます。

純米酒の保存方法と賞味期限

  • 保存方法:常温保存(光の当たらない冷暗所)
  • 賞味期限:製造年月日から10ヶ月(開封後は7~10日)

サケ丸

「生酒」タイプの特別本醸造酒のは、冷蔵庫での保存が必須だよ!
MEMO
日本酒は光(紫外線)を当てたり高温な場所で保存すると、「日光臭」「日向臭」と呼ばれる不快な臭いを発するようになります。保存場所は冷蔵庫や冷暗所が理想ですが、部屋で保存する場合は、化粧箱か新聞紙に巻くなどして蛍光灯の光が当たらないようにしましょう。

関連記事:
日本酒の保管で重要な3つのポイント|気を付けたい「光」と「温度」の管理
日本酒の火入れとは?|生酒・生詰め酒・生貯蔵酒の違いは火入れの「回数」

他の日本酒との違い|製法・精米歩合・醸造アルコールの有無で見分ける

一升瓶

こちらでは、特別本醸造酒と名前が似ている本醸造酒や、特別本醸造酒と同様に「特別」の2文字が付いた特別純米酒との違いについてご紹介します。

特別本醸造酒と本醸造酒の違い|精米歩合に違いがある

本醸造酒と特別本醸造酒の違いは精米歩合

特別本醸造酒と本醸造酒の違いは、精米歩合と製法にあります。

本醸造酒と特別本醸造酒の精米歩合の比較

  • 本醸造酒   ⇒精米歩合70%以下
  • 特別本醸造酒 ⇒精米歩合60%以下

特別本醸造酒の精米歩合は60%以下で、本醸造酒よりもよく磨いた酒米を使って酒造りを行っています。

そのため、本醸造酒と比べて雑味が少なく、さらにクリアな味わいに仕上がります。

サケ丸

精米歩合の値が低くなるほど多くのお米を必要とするから、価格も高くなるんだよ。

さやかちゃん

ということは、精米歩合の値がより小さい特別本醸造酒のほうが本醸造酒よりも高級なお酒ということですね!

特別本醸造酒と特別純米酒の違い|醸造アルコールの有無に違いがある

特別純米酒は米と米麹だけで造られたお酒

特別本醸造酒と純米酒の違いは、醸造アルコールの添加の有無にあります。

本醸造酒と純米酒の原料の比較

  • 本醸造酒 ⇒米 + 米麹 + 水 + 醸造アルコール
  • 純米酒  ⇒米 + 米麹 + 水

本醸造酒には醸造アルコールが添加されていることをご紹介しましたが、純米酒は「米・米麹・水」だけで造られた日本酒です。

そのため、純米酒のほうが米の濃厚な旨味や甘味を堪能することができます。

サケ丸

お米の濃厚な旨味や甘みを味わいたいなら純米酒、スッキリとした淡麗辛口な味わいを楽しみたいなら特別本醸造酒がオススメだよ!

さやかちゃん

日本酒の種類によって味わいの傾向が変わるんですね!

以下の記事では、お米の旨味を楽しめる純米酒のおすすめ10選をご紹介していますので、ぜひご覧ください。

純米酒おすすめ10選 【純米酒おすすめ10選】晩酌の定番!風味豊かな純米酒をピックアップ

まとめ|本醸造酒の魅力を磨き上げた特別本醸造酒をぜひお試しください!

水を飲む女性

今回は、本醸造酒の上級酒にあたる特別本醸造酒を、日本酒を始めて飲む方や料理のペアリングを重視される女性の方向けに10本ご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

特別本醸造酒は以下の2つの要件を満たしたお酒です。

特別純米酒の2つの要件

  1. 精米歩合60%以下であること
  2. 特別な製法で造られていること

サケ丸

本醸造酒の精米歩合が70%以下なので、特別本醸造酒はよく磨かれたお米を使って造られているんだ。

さやかちゃん

たくさん削ったお米を使っているから、澄み切ったクリアな味わいになるんですね。

本醸造酒と同様に、醸造アルコールの入っている特別本醸造酒は、スッキリとした辛口のタイプが多く、香りは穏やかなのが特徴です。

そのため、料理の素材の味わいを邪魔することがありませんので、食中酒に最適なお酒です。

特別本醸造酒と相性の良い料理

  • 和食:お刺身、冷奴、魚の塩焼き
  • 洋食:ロールキャベツ、スモークサーモン
  • 中華:春巻き、小籠包、かに玉

サケ丸

特別本醸造酒は薄味の和食・洋食・中華と、幅広い料理と合わせることができるんだ!

また、特別な製法で手間ひまかけて造られた特別本醸造酒は、製法特有の個性的な味わいを楽しむことができます。

特別な製法の例

  1. 低温で長期発酵させる
  2. 醪(もろみ)を絞る際に「木槽しぼり」を採用する
  3. 無農薬や化学肥料の使用量を抑えて栽培した酒米を使用する

サケ丸

特別な製法に決まりはないよ!

さやかちゃん

何が特別なのか、瓶ラベルに記載すればOKなんですよね♪

お米を丹念に磨き上げ、特別な製法で手間ひまかけて造られた特別本醸造酒は本醸造酒と比べて価格は高め。

そのため、特別な記念日や大切な人へのと贈答品としても最適と言えます。

本記事では、さまざまな魅力が詰まった特別本醸造酒を10本ご紹介させていただきましたので、購入の際の参考にしていただけましたら幸いです。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です